😔 つまり排気ガスがきれいに浄化されないわけです。 でもつい数年前まではヨーロッパではディーゼルのほうが主流だ、などと言われていましたよね。 ガソリンエンジン搭載車やハイブリッドカーでは聞いたことのない装置です。

3
トラックだけでなく軽油を使うハイエースなどの普通の車にも装着されています。 ) 残量がおよそ2Lで警告表示される為、その際に補充すれば5L補充、といったイメージになります。

👉 人気ゆえにリセールバリューも高かったというのも選ばれていた理由だったのでしょう。 排気ガスの中に含まれる有毒ガスの窒素酸化物を窒素と水に分解してクリーンな大気を作ります。 非常に優れたパワーユニットであることは変わりなく、さらにクリーン化も進んでいるのです。

2
アドブルーのキャップを紛失した場合は ビニール袋を蓋がわりにして輪ゴムで止めておけば大丈夫です。 今では、日本でも多くのトラックやディーゼル車に尿素SCRシステムが搭載されています。

✔ 日頃から定期的に点検をしっかり行うことをおすすめします。 どういうことでしょうか? マツダのディーゼルにはアドブルー無いけど何故? マツダは尿素SCRを採用していません。

18
保管場所は、30度以下になる直射日光があたらない風通しの良い場所を確保するのがベストです。 我々ドライバーにとっても補給を忘れると何かと面倒な事になります。

🌭 カテゴリー• 第一に、 ボディや周りの部品に付着させたり、こぼさないようにしましょう(錆や腐食の原因に) 第二に、 必要な物としては、ゴム製の手袋とタオルぐらいでしょうか(一応手袋は安心の為にね) 第三に、 目に液体が入った場合は要注意で丹念に洗い流した後、場合によっては医療機関で受診したほうがいいかもしれません。 すでにタンク単位で買ったアドブルーを 車検の コバック港北樽町店にも設置しており、「事業者の方だけでなく、アドブルーが必要な ディーゼル車に乗っておられる方にも安価で販売できる体制を整えます」と水柿さん。

6
最近は カー用品店などでも容易に手に入れることが可能です。

😊 特に二酸化窒素(NO2)は温室効果ガスの一つであり近年特に問題とされているもの。 これは現場や出先でやってしまうとマジに困ります。

4
———- 夏季休業のお知らせ ———- 誠に勝手ながら、下記期間は休業させていただきます。 日本国内の気温であれば常温保存が可能なので、長期保存にも適しています。

😔 アドブルーがなくなるとトラックはどうなるのでしょうか? 一度エンジンを切るとアドブルーを補給するまで再始動しなくなるというのが一般的な答えです。

10
水には不純物が含まれていますがこの不純物が尿素SCRシステムのポンプ内の詰まりの原因になります。 この尿素水は、噴射されるとエンジンの配熱によって加水分解されアンモニアガスとなり、NOxが含まれた排気ガスを浄化してくれるというわけです。

🤙 ですから、どのようなものなのか?またどこで買えるのか、どこに補充すればいいのかなども知識として知っておいてきっと損はありません。 特に、ハイエースバンはタンクの容量が少ないので、補充する回数が増えると言えます。

ということで、日常的に補充する必要があるのです。 構成元素は炭素、酸素、窒素、水素などですが、要はこれらの元素が、NOxと化合することで窒素と水に分解してしまうのです。

⌛ いつまでも予備で持っておけるというわけではありません。 adblueをこぼして体に付着しても人体に影響はないので大丈夫です。

アドブルーがなくなるとどうなるのか? こちらのページで詳しく書いています。