⚒ スーフィーズムの立場ではスンニー派など理屈と戒律を重視する宗派を形だけ上辺だけの信仰だとして批判しました。 オスマン帝国は「瀕死の病人」か 露土戦争の敗北と、ベルリン条約締結の結果、オスマン帝国は大幅に領土を縮小させ、その弱体をさらしたことになり、西欧列強から 「瀕死の病人」(または瀕死の重病人)と見なされるようになった。

17
ユダヤ教徒の地区、キリスト教徒の地区があったのです。 というわけでイスラム教スンニー派が一番影響力が強くなりました。

✔ 15世紀にはを滅ぼしてその首都であった(後の)を征服、この都市を自らの首都とした。 国の拡大とともにイスラム教勢力の影響力が大きくなり。

1
ベルリン条約 これは、ビスマルクの構想によってオスマン帝国を犠牲にしてヨーロッパ列強の不満を解消し平和を実現するというものであった。 つまり、帝国の実態からも正式な国号という観点からもオスマントルコという呼称は不適切であり、オスマン帝国をトルコと呼んだのは実は外部からの通称に過ぎない。

⚑ 概要 [ ] (小アジア)の片隅に生まれた小から発展したであるオスマン朝は、やがてなどの諸国、などの・の諸国を征服して世界の過半を覆い尽くす世界帝国たるオスマン帝国へと発展した。

聖ヨハネ騎士団を粉砕。 マヒデヴラン妃との間の長男ムスタファも含めると、ここに次世代5人の皇子たちが揃い、オスマン王家の存続も安泰となった。

😉 この時代は西欧から逆輸入されたが装飾として流行したことから、 と呼ばれている。

5
<小島剛一『トルコのもう一つの顔』1991 中公新書 p. 軍はアテネのオスマン軍を攻撃、このとき宮殿が爆破された。 第2次エジプト=トルコ戦争 、マフムト2世はシリア奪還を目指して進出し第2次が起こった。

🤗 そして、その中間的位置に属する人々も存在した。 それでもヨーロッパよりは早かったのです。

10
イギリスはオスマン帝国の軍事行動に危惧していたが、その敗北を受けて支援を強化、オーストリア・プロシアを誘い、エジプト軍を攻撃した。 を頂点に、 ()は収束を迎えるが、その後、首都イスタンブールでは、スルタン継承の抗争が頻発することとなった。

😁 このように、17世紀末から18世紀にかけては軍事的衰退が表面化したが、他方で西欧技術・文化の吸収を図り、後期のオスマン文化が成熟していった時代でもあった。 16世紀 オスマン帝国の全盛期 セリム1世 はにイランから侵攻してきた軍をで撃破し、領土を東方に拡大した。 この時代、キリスト教国との政略結婚は珍しくありませんでした。

5
1331年 ビザンチン帝国との間に初の和平成立。

👌 タンジマートのもとでオスマン帝国は中央集権的な官僚機構と近代的な軍隊を確立し、西欧型国家への転換を進めていった。

5
一方で1526年に占領されたハンガリー方面ではカトリックとプロテスタントの間で紛争が始まった時期であった。 独立採算州(など)は州知事(総督)など要職が中央から派遣される他は、現地の有力者に政治が任せられ、州行政の余剰金を中央政府に上納するだけであった。

😊 全盛期(16世紀)から停滞・衰退へ 領土拡張と世界史的影響 最盛期の16世紀には、西アジアから東ヨーロッパ、北アフリカの 三大陸に及ぶ広大な国土を支配した。

オスマン帝国外伝でもスレイマンに会う外国の使節が兵士に腕を掴まれているのはこのためです。