👣 しかし、清水区では医師不足から担当の病院を充てられない日も目立っている。 11日は、気圧の谷や上空の寒気の影響を受ける見込みです。

10日は、はじめ高気圧に覆われますが、気圧の谷や湿った空気の影響を受ける見込みです。 新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行を念頭に、発熱患者に施すインフルエンザ検査を飛沫(ひまつ)防止の観点から休止し、問診や触診を主にするためという。

📞 関東の大学から医師の派遣を受け3人の当直体制を維持している。

13
県の奨学金を利用した若手医師を医師不足地域に派遣する制度も、賀茂地区や中東遠地区が優先され静岡市内には期待しにくいといい、「政令市として行政が指導力を発揮し、地域に根付く医師を地域で育てる仕組みが必要」と話した。 担当者は「ギリギリの状態」と打ち明ける。

🌭 今冬は患者1人当たりの診療時間が長くなると予想されるのが理由。 この状態になる前に避難を完了してください。 静岡医療・健康・福祉の記事一覧• 「ここでしか対応できない患者も県中部全域から運ばれてくる。

17
紫外線: ---• 東海地方は、晴れまたは曇りとなっています。

🤐 1 3 北 0 0 19時 10 2 北 0 0 18時 12. 紫外線: ---• 同病院は移転問題に揺れるさなかだが、市内の複数の病院幹部は「場所がどこになるかばかりが注目され、医療をどう維持するという本質が見過ごされてきた」と指摘する。

12
2 3 北 0 0 02時 10 2 北 0 0 01時 9. 土砂災害発生の危険度が高まっている地域にお住まいの方は、少しでも安全な場所への早めの避難を心がけてください。

👋 昼前から雷雨となる所がある見込みです。 既に土砂災害が発生しているおそれもあります。 こうした静岡地区への偏重は十数年前から始まったとされる。

7
土壌に含まれる雨量データをもとに、土砂災害発生の危険度を4段階の色で表示しています。 まだ避難していない場合は直ちに身の安全を確保してください。

🤘 これからインフルエンザや心疾患などの急性期患者が増える冬本番を迎える。 このため、おおむね曇りで、午後を中心に雨となるでしょう。

11
関係者は「行政と病院が課題を共有し、医師確保など抜本的な対策が必要」と指摘する。

🤞 また、北陸付近は気圧の谷となっています。 3病院は重篤患者の治療を行う3次救急にも対応するため、関係者は「本来提供すべき高度医療に手が回らないリスクを抱える」と指摘する。

3
十分な医療を提供できない事態は避けたい」 市内唯一の高度救命救急センターである県立総合病院(葵区)の後藤和久事務部次長は危機感を隠さない。 県立総合、静岡赤十字、静岡済生会の3病院が約6割を受け入れ、県立総合病院は約25%が清水区からだった。