☭ 4月終盤まで4割を維持し、最終的に自身初の3割をマークした。 首位西武と13. のファーストステージはシーズン3位のロッテと対戦した。

シーズンを3位で終え、オリックスとのCSファーストステージでは2勝1敗で勝利し、2年ぶりファイナルステージ進出を決めた。

⚠ で前期優勝のロッテと対戦。 監督就任に伴い、赤と紺を基調としたユニフォームに変更。

7
売却額は3億円 で、日拓ホームは買収を機に、球団の商号を 日拓ホーム野球株式会社、チーム名を 日拓ホームフライヤーズ(にったくホームフライヤーズ、 Nittaku Home Flyers )に改称。

✊ 1996年は9月9日まで指揮、残り試合はが代理。

20
五島自身が野球を嫌っていたこと や、東映自体の経営再建が急を要していたこともあって、球団経営権の売却を模索するようになった。

🤩 レギュラーシーズン優勝 6回 (1982年、2006年 - 2007年、2009年、2012年、2016年)• オフには球団史上最多となる7人 がを受賞した。 46勝79敗5分で10年ぶりの最下位に終わった。

17
が現役引退し、が選手兼任コーチに就任し退団、オフには移籍を表明した大谷がへと移籍した。

😙 なお、東映時代6年間のユニフォーム約600枚が、日本ハムになっていた1979年にの屋で売られていた。 オフにメジャー移籍を目指していたヤクルトのをで獲得。 クライマックスシリーズ優勝 4回(2007年、2009年、2012年、2016年)• オフにはからを獲得。

17
チーム防御率は2006年以降全て2位以上であったが同年はリーグ5位、失策はリーグワーストの88を記録した。 ビジター用のロゴを「TOEI」に変更。

💖 1980年7月29日 対南海(大阪スタヂアム)• 投手陣でも先発転向二年目のがリーグ2位の16勝を挙げ金村も二年連続二桁勝利の10勝を挙げたが、前年新人王を獲得した正田がリーグ最多の15敗を記録し、またそれまでチームを支えてた岩本・関根が怪我や不振もありチームは二年連続の5位に終わってしまった。 が5勝0敗で交流戦MVPを獲得した。 高橋直樹が20勝を挙げ、が1回3盗塁をはじめ55盗塁を記録するも結果は2年連続の総合3位。

に輝き、チームは初のAクラス(3位)入りを果たす。

😙 ・特定の個人や団体を誹謗中傷する等、内容が不適切だと判断される記事や行為を確認した際には通告なく登録サイトから削除します。 オフに陽がフリーエージェントで、吉川・が巨人との交換トレードで移籍(代わりに・が加入)。

ホーム用は紺(縁取り:赤)の「 Fighters」ロゴ。

🙏 先頭打者から4者連続二塁打(同・日本プロ野球記録)• 片岡が最高出塁率を獲得、落合が現役を引退した。 シーズン最少打点 312打点(1947年・2リーグ制以降は1951年の324打点)• 8月に入ってからは、のロッテ戦で約2ヶ月ぶりの2連勝、それ以降チームの調子も上向き、11勝10敗と5月以来の月間勝ち越し、9・10月も16勝13敗と勝ち越してシーズンを終えた。 この年、大映野球と合同したため、選手の人数が大幅に増加し、を創設。

2
20勝で最多勝を獲得したがシーズン途中に骨折し、復帰は絶望とみられていたがプレーオフ第1・3戦に先発し、「一世一代の大芝居」として話題を呼ぶ。 オフにはが大リーグ・へ、がへそれぞれFA移籍した。