🤑 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 「やぁ。

2
私は、下級ネメシスのコストは除外されている或るカード一枚を対象に取ることであり、カード固有の情報を参照しないから、裏側除外のカードを対象に取れると簡単に解釈しています。

⚔ フィールドの宣言した種族のモンスターを全て破壊する。 各種ネメシスの効果を活かしたロック+展開を目指したいです 【ネメシスデッキ】回し方・展開解説 【ネメシスデッキ】回し方その1:初動展開はばっちり!下級ネメシスが強い! 「で、肝心のネメシスデッキの回し方なのですが『出張パーツという部分もあって『単独で回すという感じでは難しい』んですよね。

17
また、こちらの方が攻撃力が500低いので、属性がばらけているデッキ相手にした際に宣言していない属性のモンスターからあっさり攻撃されて終わり、なんてこともあるかもしれません… 3.ネメシス魔法 《星義の執行者(ネメシス・アドラステア)》 【速攻魔法】 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

☝ 1 :「(同名カード)」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。

2
で 《アークネメシス・カトス》が公開された時から、収録No. 《ヴァレルソード・ドラゴン》1• 《水晶機巧-ローズニクス》を墓地から除外してした水晶機巧ンと 《ジェ・》で 《ユニオン・キャリアー》をリンク召喚。 1 :「ネメシス・フラッグ」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。

❤ 1 :フィールドのこのカードは効果では破壊されない。 2体存在するがどちらもであり、以下の共通とを持つ。 連続などのを利用する手もある。

現在は除外するコンボカードの活躍と共にサンドラや恐竜デッキなどの出張パーツとして活躍しています。

☢ ではでは。 墓地のこのカードを手札に加える。

15
《ジェット・シンクロン》1• 自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、 属性が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。 そのモンスターをする。

📲 どういう状況だよ。 自身の特殊召喚時とビースト種族の特殊召喚時に、対象を取らない除外という強力な効果を持っていて、墓地に行っても自分の除外に左右されますが広範囲なサーチ効果を持っており、なおかつ3000打点と、エースとして申し分ない性能を持っています。 《》 相手メインフェイズに手札か墓地のビースト種族を展開でき、下記の《》のトリガーを引くことができるので、《》などで相手ターンに呼び出したいモンスターです。

《》 手札のビースト種族を切って手札から特殊召喚できるので、なるべくなら《》を切って召喚したいところです。

😁 除外されてるネメシスモンスターの回収が若干シナジー的につらいものの、ネメシス間れの動きをサポートしてくれるカードってのもあって有用な1枚ですね。 なのでが豊富で、でできるでもある。 次のターンの終了時まで、お互いに宣言した種族のモンスターを特殊召喚できない。

19
《I:Pマスカレーナ》1• 自身の属性である光を宣言しても効果破壊耐性により自身は生き残る事ができます。 デッキ集• この効果で特殊召喚した元々のレベルが11以上のモンスターは、このターン効果を発動できない。