😙 グランドライン(空島)産以外の海賊は必ずここを通るので、ローやキッドなど「最悪の世代」の印象が気になるところでもある。 例えば、ロジャーの仲間だったクロッカス、光月おでんや冥王レイリーたちもラフテルに到達した数少ないキャラクターです。 <関連記事> 赤石4つも必要 818話 (赤石には)それぞれの地点が記されている…。

19
それは、 ラフテルに到着して世界の真実を知ったロジャー海賊団は全員、謎の爆笑をし続けているのです。 残る1つを見つけることができれば、ルフィたちは「ラフテル」へ行けるということです。

⚠ どうしようもなく笑える話。

6
ちょっと違いますが、藤虎の能力を考えてみると、遥か遠くに存在する隕石を任意の地点に落とすことが可能です。 あるいは「ムー大陸」「アトアンティス大陸」に繋がるのではいないかと。

🤛 そのため、このポーネグリフを手に入れるのにもかなり苦難だったと言えるでしょう。

9
ラフテルに「もう行けない」のは、場所が変化するから? 何かしらの事情があってラフテルにはもう行けない、というのはおそらく2種類の考え方が存在すると思われます。

✔ 800年間もの非常に長い期間、誰1人として辿り着くことができなかった島、ラフテル。 Roger Ace Flamingo Teach E・・・ Luffy 今後、Eの名前のDの海賊が出てくるという噂も。

3
世界のトップはイム様。

☣ ロジャーも一度は辿り着いたものの、そこから大きく冒険をやり直したそうです。 それは ロジャーがポーネグリフや文明の重要性に気づき冒険をやり直したとされるラフテル手前の島、つまりログの終着点に存在する可能性が。

7
その中のコメントで、「キッドは重要なキャラクターになりそうだなと思っていた」と語られていますので、やはり最悪の世代のなかでもキッドは特別な存在なのではないでしょうか。

⚓ または、 モンキー・D・ドラゴン率いる革命軍が所有しており、今後、それを知った黒ひげ海賊団との抗争が起き、ルフィも関わってくる・・・なんてこともあるかもしれませんね!() [ad wildones]. ポーネグリフが示す最後の島がラフテル 先ほど言ったように、四つのロードポーネグリフが指し示す先にあるのがラフテルだという説明は作中にもあります。 そして根拠の2つ目は「世界政府の旗」です。 唯一その島に行ったというロジャー達? その島にいた先住民? その島にあった遺跡とかに書いてあった? 元からラフテルという名前だけは広まっていた?など様々な可能性が考えられます。

20
四皇であれば実力もありますし、早い段階で最後のポーネグリフを見つけている可能性も考えられます。

✍ その時の状況は後の記事で考察します。 ガリバー旅行記の中ではラピュータに たどり着くためには住民が許可を出し、 椅子がついた鎖をおろしてもらって ようやくラピュータに上陸することが できました。

13
ウラヌスは天の神様なので、天候兵器。 という事はラフテル自体というかラフテルへの行き方とか、 ラフテルに関係する何かが「笑い話」の様な事だったのかもしれません。