⚛ すると「ご教示いただければ幸いです」の意味は… 「教えてもらえたら嬉しいです」 のように解釈できます。 「ご教示願います」の類語表現ややわらかな言い回しをなど理解し、使用する場面ごとに適切な表現を選べるようにしましょう。

13
「私があなたに教えてもらったことを、ありがたく思っている」というニュアンスになります。

🎇 師が弟子に学問・技芸などを教え伝える。 私の健康管理について先生ご教示ください。 そこで、「お礼を言ってもらうほどのことではありません」と謙遜する意味で、「とんでもないです」を使います。

7
例文「ご教示のほどお願い申し上げます」• 例えば連絡が欲しいということを相手に伝える際、強制でない場合は「ご連絡いただけますと幸いです」となります。

🤫 お役に立てていたらうれしいです。 なお、「ご教示ください」は書き言葉になるので、口頭では「ご指導いただけませんか」などの表現を使うようにしましょう。

16
何卒よろしくお願い申し上げます。 社内の上司や懇意にしている取引先など、比較的近しい立場の目上の人に対し、口頭でもビジネスメールでも使われる表現です。

⚔ ここでは「ご教示いただければ幸いです」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。

7
どうか 例文「 どうかご教示くださいますようお願い申し上げます」 例文「 どうかご教示くださいますようお願い致します」 例文「 どうかご教示いただければ幸いです」 例文「 どうかご教示いただければと存じます。 ご教示くださいますようお願い申し上げます• しかしこれは特に失礼でも不適切でもありません。

😆 どちらも「教えてください」という意味を持ちますが、「ご教授」と「ご教示」では教えてもらう内容や教えてもらう期間が異なります。 そのため、対話の中で教えを乞う場合には使わない方が良いでしょう。 もし気心の知れた同僚相手に送るメールであったとしても、ビジネス上では丁寧に「ご教示願います」を使うのがマナーです。

日ごろのビジネスシーンでお願いや感謝を述べるなら、クッション言葉に「幸いです」を加える形で十分です。 ビジネスシーンで使われる「とんでもないです」は1~3、どの意味の可能性もありますが、最も頻繁に使われるのは3の意味でしょう。

🙏 また、よく似た言葉の「ご教示」が ありますがこの使い分けも 同時に考えてみたいと思います。 「ご教示願います」という敬語の正しい使い方がわかると、周囲から得る評価を下げないで済むようになります。 たとえば「誠に勝手を申し上げますが」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。

12
この場面ではさらに間違ったたずね方をしてしまったらNGです。

😇 先日は大変申し訳ありませんでした。

17
3.「ご教示」の類語 「ご教示」は「教えてください」を丁寧にした表現ですが、やや固い印象があります。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。

😆 ご多忙のところ大変恐れ入りますが、 ご教示いただけましたら幸いです。 「ご教授」ということは 「あなたから教えてもらうこと」 という意味です。

「ご教示いただければ幸いです」はそれだけではビジネスメール結び締めとしてイマイチ。 しかし、最も伝えたいことは「教示」ですので、あまりにも丁寧な表現にこだわりすぎると本意が伝わりにくくなります。

🤚 ビジネスメールでの「教えてください」はこう使う. 相手を尊重しながらも自分の気持ちを伝えたい、そんな場面で重宝する言い回しです。

では、ビジネス上で「ちょっと教えてほしい」こととはどんなものでしょうか。 そのため、他の言い方も合わせて使えるようにしておかれますと、ビジネスシーンで役立ちます。