🖖 脚本は、岸田戯曲賞受賞 作家・松井周によるオリジナル 書き下ろし作品。 それだけの体力を持って挑みたいですね。 だから、今度の池袋のプレイハウスはとてもデカイ。

16
あるいは、家族を終わらせようとする物語。 男はベンチャー企業の経営者であり、 部下(高杉真宙)が彼を支えている。

😁 男は「家政夫だ」と老人を紹介する。 そういう熱量って、映像作品でももちろんあると思いますが、でも見ている人が一番、直に感じられるのはやっぱり舞台なんじゃないかなと思います。

1
演劇的に、役者が感情にノッキングを起こすような、イラっとさせられるようなところで違う変化がでてきて、なかなかストレートに表現させてくれない、面白いタイプの方ですね。

🙄 男は「家政夫だ」と老人を紹介する。 自分の劇団、東京乾電池というんですが、そこでは演出してますが小さい小屋ばっかりで本多劇場が最大で大体それより小さな所ばっかりでやってます。

3
だから何度も会いまして、しゃべりまして、ウチの芝居も見てもらって、稽古も見てもらって、お互い共通する変態性も確認しました。 そして少人数でしっかりとお芝居に向き合えること。

💋 演劇界においても、映画・ドラマ界においても唯一無二の存在感を放ち続けている怪優、柄本明。 …ただ、崩れた時の幅はやっぱり大きいですから(笑)。

10
撮影では4人が打ちっぱなしのコンクリートの壁の前に並んで、 片山の指示のもと思い思いのポーズを見せる。

✔ 「1,2,3……こんなに使うんですか!?」と数を数えながら驚きの表情を見せていた。

「自由劇場」を経て1976年に劇団「東京乾電池」を結成し、座長を務める。

📲 先日、子どもを連れてヒーローショーを観に行ったんですよ。 藤原竜也さんとは一度やりまして、『とりあえずお父さん』というお芝居で、そん時の印象、藤原竜也が藤原竜也で藤原竜也だという事に藤原竜也されました。 他、 鳥栖公演、 大阪公演・愛知公演・三島公演あり(詳細後述)。

15
部下は男に対して盲目的な憧れと畏れがあり、素直に信用する。

🤫 何云ってんだかわかりませんが…、まぁそんな感じでステキでした。

その逆、 柄本が藤原の首に手をかける姿も。 部下は男の家を訪れ、見知らぬ老人がいるのに驚く。

👇 【Sky presents 舞台『てにあまる』メインビジュアル】 舞台上で表現される人間の内面、人と人の密な繋がり、をイメージして、役者たちの感情的な表情を引き出したビジュアル。

8
柄本さんはそこにいるだけで緊張感が走るんですが、 おちゃめで可愛らしいところも垣間見せるのでそういうところがある事を知ることが出来て嬉しいです。 藤原竜也、柄本明、高杉真宙、佐久間由衣が乱闘騒ぎに!? 舞台『てにあまる』ビジュアル撮影オフィシャルレポート C ホリプロ 演劇・映画・ドラマ界のすべてにおいて唯一無二の存在感を放ち続けている怪優、柄本明。