⚠ 最後に旋法によるホルン主題が還ってきて締めくくられます。 バイエルン国立管弦楽団 DG。 第1楽章冒頭から第4楽章の最後まで、ブラームスのメランコリックなメロディに心が張り裂けそうになる。

コーダのホルンの動機は壮大でした。

📞第一、第三楽章などダイナミックな部分では、フルトヴェングラーとは質が違うながらエネルギッシュ に速まる表現が劇的ですらあります。 どっしりとして堂々たるコーダでした。

15
梅毒が脳を侵したわけではないという医者の所見もあるようですが、考えられてきたのはまず 梅毒による影響、そして躁鬱病、統合失調症です。 ホルンがでこの主題を変奏し、穏やかになるが、突如、第1主題の途中から回帰して再現部となります。

😝 で明るく終わるとは対照的に、短調で始まり短調で終わる構成となっているが、これは、やがに編曲しているなど、ブラームスの室内楽曲では以前から見られる構成である。 緩徐楽章は若干 遅めの設定ですが、過度な表情はありません。

3
ロマン的解釈が徹底された「名演」だが、徹底されているだけに「あやうさ」に欠ける。

😛 激しい表現もあり、振幅の大きな演奏になっています。 - ブライトコプフ・ウント・ヘルテル発行版。 第1主題相当部-第1-9変奏• 一連の動機が次々に示され、快活だがせわしない印象もある。

20
同日のコンサート全曲が2枚組で収録(モーツァルト40番他)。

😗 楽章全体はこの主題と30の変奏及びコーダからなります。 1885年、ブラームスのピアノの弟子であり、良い相談相手でもあったエリーザベト・フォン・ヘルツォーゲンベルクに第1楽章の楽譜を送って意見を乞うた。 兵庫芸術文化センター管弦楽団公式YouTube。

15
ベートーヴェンは全集を出したが、ブラームスの交響曲はこれ1曲だけのようだ。

🤣 - 指揮による演奏《冒頭アナウンス(ドイツ語)有》。

15
ここではについて少し解説を加えたい。

💕 外部リンク [ ]• 次第に緊張した雰囲気になります。 ワルターは歌う人だから、ということでしょうか。

9
したがって、(BWV244が本来春の受難節のための機会音楽であったのと同じく)、教会も特定の機会のために作曲され、歌詞も聖書からの引用句を含むのがふつうである。 そのためか展開部は第1主題が原型のままで始まります。

📱 DVD。 作曲と初演までの経緯 直接のきっかけは指揮者・オックスが言及している1882年のエピソードによると考えられる。 Siegfried Ochs, Geschenes, Geschenes Leipzig, Grethlein, 1922 8. コーダはかなり激しくなって終わりました。

の4番が作曲された後は、の 、の「」 、の第1番 1899年 などいくつものが作曲されるようになる。

☎ 1980年録音。 下のウィーン・フィル盤が、遅すぎで聴くに堪えない、という人は迷わずこちらを選ぶべきである。 ブラームスは、作曲家にならなかったら女声合唱の指揮者になりたかったといったことがあったそうですが、まさにそうしたエピソードを彷彿とさせるドイツロマン派の重厚さと濃厚なロマンティシズムとは一線を画した、繊細で抑制の効いた美しい4番です。

しかし、出来は雲泥の差というべきであり、24日盤が「やりたいことがやりつくされている」のに、この22日盤は「やりたいことはわかるのだが、どうもしっくりいかない感じ」なのである。 2012年、高級オーディオメーカーESOTERIC社による SACD Hybrid盤も入手した(写真中央)。