👈 この試験は年に1度しか実施されない国家試験なので効率よく学習をして合格する必要があります。 過去問にしっかり取り組もう 受験対策のキーポイントとしては、 貸金業法の学習とともにしっかりと過去問に取り組むことです。

18
には必須であり、体制の強化が求められます。

🤗 貸金業務取扱主任者がいなければ貸金業を営業できない 法令で、貸金業務取扱主任者を貸金業者は事務所に一定以上いないと営業できなくしたのである程度操作をしたのだと考えられます。

13
9月2日:第9回試験の問題1~問題50を掲載。 しかし、下表のような 貸金業務取扱主任者資格試験における4ジャンルごとの出題数目安が日本貸金業協会から公表されています。

😔 支店長などの現場責任者になるためには最低限必要な資格ともいえます。 貸金業務取扱主任者試験は法律書を読むのが苦手な人にとっては楽な試験ではありませんが、独学での合格は不可能と言われるような資格試験ではありません。 FPはいわゆる家計相談や将来のマネープランに関する専門家であるため、マイカーローンや住宅ローンなど、借金に関することも扱うことになります。

7
第3回試験 試験日:平成21年12月20日 合格日:平成22年1月25日• さて、今回のブログでは資格マニアらしくまた合格体験記を書いていきたいと思います。

😭 ネット環境さえあればどこでも学習できるWeb通信(オンライン)や、ネット環境が不要なDVD通信講座があります。 それは銀行・地方銀行・信用金庫等は貸金業務取扱主任者の設置用件がないので、この資格が必須というワケではないからです。 受験申込者数 13547人• 民法は改正後の内容で出題されます。

合格しても個人で貸金業はできない! かなり少数ですが、企業に属さずに個人で貸金業を行っている人もいます。

🤚 財務及び会計に関すること 貸金業務取扱主任者の試験の特徴として問題一文が長く言い回しでのひっかけが大きいので正しい知識を身に付けておくことが必要です。 受験料金:8,500円• 金融機関などから債権回収の委託を受けたり、譲渡を受けることで回収を試みます。 金融関係の法律の知識がない若い人が貸金業を始め、問題を起こすこともあったようです。

11
貸金業務取扱主任者は顧客に対する説明義務などはなく、あくまでも従業員に法令順守を徹底させるのが目的です。 この資格は以前下記の記事でも取り上げました。

🙄 貸金業法は徹底的に対策をすると合格に近づく• トータルで約270時間程度の学習となりました。 貸金業務取扱主任者の問題集は市場に多く出版されてません。

18
貸金業は資格を取っても業務経験が必要なので受験に合格するための勉強が必要です。

💓 解答解説もそこそこの内容ですので、丁寧に読みました。 そこで今日はこの貸金業務取扱主任者資格試験の試験概要とともに、過去の合格者数・合格率・合格基準点(合格ライン)等を振り返ってみます。

10
とはいえ、知識ゼロの人が一夜漬けで合格することは不可能といえます。

😅 第8回試験 試験日:平成25年11月17日 合格日:平成26年1月10日• 民法などの法律関係について全く知識がない人は、おそらく3ヵ月以上の学習期間が必要です。 「」のページにおいて、 「過去の試験の分析 ~令和2年度試験の出題予想~」の項目を書き換えました。 資金需要者等の保護に関すること• 第4回試験 試験日:平成22年2月28日 合格日:平成22年3月25日• またどこかの記事でお会いできる日を楽しみにしております。

15
また、貸金業に従事していない限り役立つことはあまりない点にも注意が必要です。 実受験者数 10088人• 価格は割引価格の 現在15,180円(税込)となっており、相場の半分以下の驚愕の安さが大きな売りです。