😅 結婚当時彼女は高校生で未成年だった。 それが5月10日」としながら話した。

2
韓国女性タレントのソ・ジョンヒ(58)がチェジュド(済州島)旅行を振り返った。 これに「37キロの私。

👀 なぜ毎日を惜しく感じながら過ごしているのだろう。 ソ・ジョンヒはソ・セウォンと離婚後、写真共有ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「インスタグラム」で近況を報告している。

10
一緒に公開された写真の中でソ・ジョンヒは、ホルダーネック衣装を着て華奢な肩と深い鎖骨を出していた。 モダンなキッチンや家具のほか、特にオープン型のトイレ洗面台はまるでトレンディーなブティックホテルを思わせ、見る者を引き付けている。

📞 性暴行に近い行為にあったまま数カ月間監禁され、その後32年間の結婚生活は捕虜生活そのものだった」と主張した。

その後「当時、ソ・セウォンが首をしめたか」という検察の質問に「まず、この席ではとても言えないような夫の暴言が始まった。 初めて聞く内容ではなかった。

😚 ソ・ジョンヒのこの自宅は実坪数19坪であることが伝えられた。

8
ソ・ジョンヒは17日、自身のインスタグラムに「私のバレエは終わっていない」というコメントと共に写真2枚を掲載した。 感謝して感謝して感謝する。

👋 息子と娘が友人になった今、一人で暮らす私の人生は幸せな時間の連続だ」と話した。 高校在学時にモデルに選ばれ芸能活動をスタートさせるも、芸人ソ・セウォンとの結婚で引退する。

20
元記事配信日時 : 2020年05月27日09時40分 記者 : キム・ミリ. ソ・ジョンヒは「夫が浮気一度したからと、暴行一度したからといって私がここまで来ると思うか」とし「32年間で受けたことはそんなことよりもはるかに多い。 公開された写真には、ブラック&ホワイトで統一されたインテリアが印象的な室内のようすがおさめられている。

😩 ソ・ジョンヒのこの自宅は実坪数19坪であることが伝えられた。 その暴言は32年間ソ・セウォンという人が歌ってきた『歌』だった」と主張した。

8
いつも着ているから」と綴った。

✔ インテリア雑誌に登場するワンシーンのようなスタイリッシュな自宅にファンの視線が釘付けになっている。

8
結婚の代わりに家族と一緒にアメリカへ行っていたら、専門職で働いただろう。

☎ 一方ソ・ジョンヒは2015年にお笑い芸人であるソ・セウォンと離婚を知らせた。 少し落ち着いたソ・ジョンヒは、夫ソ・セウォンとの初めての出会いにさかのぼって話を続けた。

10
ソ・ジョンヒは「米国に留まったソ・セウォンが『不倫女性のことには触れるな』『離婚を要求すれば殺すぞ』等の口にすることはできない脅迫を私にした。 1986年~89年までは現LG電子の専属モデルも務め、広告モデルとしての評価が高かった。