🤩 美術は「ラグタイム」のジョン・グレイスマーク、衣装は「ハーレム・ナイト」のジョー・I・トンプキンス。 爆弾の使い方や炎の見せ方などは他には中々ない完成度で、リアルすぎて怖いくらいでもある。 また、現在の映像に頼るCG処理に負けず劣らずのリアルな爆発シーンなどは見事であり、この場面だけでも見る価値がある。

9
しかし、爆弾の解除は難しく、ジミーは非常に手こずります。

🤟 マックス・オバノン: ジミーの伯父。 父も母も兄も俳優という芸能一家に生まれ、父ロイド・ブリッジスとは本作で共演しています。 ・主役のダヴの過去が元アイルランド共和軍(IRA)なのに、なぜボストン警察に就職できたのだろうか? ・映画のラストで、なぜ妻の車に爆弾が仕掛けてあることにダヴはすぐに気がついたのか? ・ダヴの親父に仕掛けられた爆弾、構造的にすぐ爆発するんじゃね?年寄りがバランスとるの無理。

18
恩師であり伯父の元巡査マックス(ロイド・ブリッジス)らに祝福された結婚パーティが終わった夜、家から爆発の瞬間を目撃したダヴは現場に急行する。

🐝 この作品は、刑務所に収監されていた爆弾マニアが脱獄して、かつての同僚の主人公に復讐しようとするというお話です。 僕は当時この作品を劇場で観ましたが、めちゃくちゃ最高でした!! 「退屈な時に頭に使わないで観れる映画なの?複雑な内容だと疲れちゃうんだけど・・・」 問題ないですね。

彼は爆発物を製造させたら右にでる者がいないというほどの天才で、20年前北アイルランド闘争の時に一緒に戦った仲間であった。

♻ 大況乱の現場で呆然となったダヴの携滞電話が鳴る。

13
ストーリー展開が途中で中だるみする• 実はダヴは元IRAであり、ダヴにとってギャリティは元同僚にして爆弾作りの師匠だった。

👈 ケイト:• リジー:• ハラハラさせてくれるという意味では良くできている。 油田作業員の息子として産まれ、奨学金でハーバードに進学したという苦労人。

9
美術は「ラグタイム」のジョン・グレイスマーク、衣装は「ハーレム・ナイト」のジョー・I・トンプキンス。

✔ ギャリティは一歩一歩、ダヴを追い詰めるように、同僚のアントニー(フォレスト・ウィテカー)のへッドホンに爆弾を仕掛けたり、大胆にもケイトたちの前に姿を現したりもした。 すさまじい爆破シーンが観る者の度肝を抜くアクション。

何とかマックスの居場所を見つけたジミーでしたが、マックスの体には大量の爆弾が仕掛けられていました。 今回は映画『ブローン・アウェイ/復讐の序曲』を紹介します。

🤗 w 映画のポイントを抑えよう• 現場を検証したダヴは犯人が筋金入りのプロであることを確信する。 しかし、その後ダヴを狙ったと思われる爆弾事件が頻発。

一方、マックスは独自にギャリティの居所を掴むが逆に捕まり、助けにきたダヴの目の前で爆死する。

⚠ 各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。

5
ジミー・ダヴ: 爆弾処理隊員。

🔥 元アイルランド共和軍闘士)• しかし、その後ダヴを狙ったと思われる爆弾事件が頻発する。 犯人はダヴに恨みを抱くIRAの爆弾工作員ギャリティ(トミー・リー・ジョーンズ)であった。 ケイトや娘のリジーに危険が迫っていることを察知したダヴは、妻に自分の過去を打ち明け、マックスの海辺の小屋に避難させる。

14
しかしダヴには元IRA闘志という隠された過去があり、警察官としてのダヴの活躍を偶然テレビで見かけたIRAの元同僚ライアン・ギャリティ(トミー・リー・ジョーンズ)が、彼を追ってボストンに現れます。