☕ 「五輪に出ることが夢だった。 2012年3月、心の東京革命推進協議会会長に就任。

ある程度は出るものと覚悟して、どう対応するかさえしっかりしておけば安心できる。 初代チェアマンを経て、第10代(JFA)会長を務めた。

☯ 2015-2018• 新型コロナウイルスの影響で1年延期となった大会に向け、「選手や関係者の記憶に残る選手村にしたい気持ちがすごく強い」と抱負を語った。 この事にジェフ側は交渉の事実を否定したが、翌日になってジェフ社長が交渉の事実を認めた。

12
Jリーグの恩人だったな、と思えた」と述べた。

⌛ 1994-1997• 一部で「亡くなった」と誤った情報が流れたことに驚きと困惑の心境をつづった。 どうか東京オリパラが済むまでは生かしておいてください」 今日一部のマスコミに僕の訃報が流れたらしい。 に所属し、日本代表として東南アジア方面に同行。

6
川淵氏はJBAの問題について「もうゴールは、とっくに見えている」とコメント。

🤑 日本トップリーグ連携機構会長も務める。 当時、機能不全に陥り、FIBAから資格停止処分を受けていたの組織改革と、2005年以来約10年分裂していた2つの国内バスケトップリーグの統合(発足)を就任から数か月で実現させた。

1994年5月、副会長就任。 それが現実味を帯びて来た」と、東京23区の各区に1クラブとなることもあり得るというわけだ。

😎 1979-1980• 11月、社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)設立、初代チェアマン就任。 川淵さんは「今日一部のマスコミに僕の訃報が流れたらしい。 続けて「どうしてそんなニュースが流れたのか分からないけど以前にも一度あったという。

「できないことにチャレンジして、できるようにする。 1970年代半ば、古河電気工業サッカー部の監督を退任した川淵は仕事に専念する。

💢 1955年同校卒業 1957年 2浪の後第二商学部商学科に進学。 1981年 日本代表監督退任。 JSL総務主事になった川淵は、水面下ではプロ化の動きがあったもののサッカーに対して投げやりで、当時の場末感漂うJSLを見て幻滅しており、内心プロ化には消極的な立場であった。

1
半年前の記事を速報で報じる 記事ページに移動すると、まとめブログ「サムライゴール」が2日10時44分に公開していた。 応募した人はや(社長)、(フリーライター)、竹内達朗(記者)等• また、2013年9月29日投開票の堺市長選挙では、の同窓生である現職(当時)の候補の応援演説を行った。