✊ 料金プラン• 自分を守るためにも、家族を守るためにも活用していただければと思います。 手順1 らくらくスマートフォンのホーム画面から「 Playストア」をタップすると、 Googleストアが開きます。

15
認知症予防を支援する歩数計機能 らくらくスマートフォンF-42Aは高齢者・シニア向けのスマホなので、スマホ操作が簡単にできるように多くの機能を搭載しています。 そのため、らくらくスマートフォン以外のスマホに機種変更した場合、一般的なスマホのホーム画面の操作に迷ってしまい、結局使いこなせないという問題がありました。

😁 絵や画像がわかりづらかった• なお、同キャンペーンへのエントリーは不要とのこと。 テレビ(ワンセグ)を楽しもう• 対象機種• アプリの起動もサクサク快適になり、今までよりももっと日常生活でスマホを活用できるようになりますよ。 実際に利用されている方の中には、少し手に麻痺が残ってい待っていて通常のスマホが使い難かったものの、 らくらくスマートフォンなら使いやすかったという口コミもあります。

14
災害時も活躍。

👋 LINEアプリのバージョンアップにも対応していません。 また、一緒に住んでいてもスマートフォンの使い方などをサポートしきれないなどがあるのでしたら、らくらくホンセンターにて無料のサポートを受けられる機種です。

19
買わない理由• 故障・紛失などのサポート• 従来よりもさらに使いやすいスマホになっているので、スマホデビューを検討しているシニアにもおすすめです。

😭 センターを「使う」「使わない」は、人によって違うと思いますが、いざと言う時には、「繋がるようになっている」「いざとなったらセンターボタン」という安心感があるのと無いとでは違いますので、重要ポイントです。 キャンペーンは2月1日から開始し、なくなり次第終了する予定だ。

その他• GoogleやYahoo!で検索しても目的のページが出てこなかった• 7インチ有機ELディスプレイ搭載• また、らくらくスマートフォンF-42Aの画面表示は、大きくて見やすいアイコンで表示されているため、使いたい機能がひと目でわかります。

👍 ・原因2)動画が5分以上ある LINE で送信できる動画の再生時間は最大5分までです。 音声検索を使ってみよう• 店頭に在庫があれば、 使いこなしガイドブックももらえます。

先にどの機種を買えば良いのかわかっていれば、安心してお店で実物を見ることができるのだけど ……と思っているシニア世代は多いのではないでしょうか。 主な機能としては睡眠時間の管理や血圧管理、そして歩数計や認知症予防支援といった機能が利用できます。

😆 ホーム画面を見てみよう• 世代の方は、なかなか若い時みたいに手が動かなくなるようで、かなり重宝されている おすすめ機能です。 らくらくスマートフォンで LINEを使う QA集 をまとめました。 対処法: 動画を編集せずに、5分以上の動画のままで送信したい場合は、 PC版の LINEをパソコンにインストールし、そこから送信するようにしましょう。

9
スマホやケータイの製品情報や価格• 指が別の個所に当たってしまい本意で無い入力となり、戸惑って困った挙句にホームボタンを押して無かったことにしてしまいます。

🤝 離れて暮らす家族とも 顔を見ながら同時に会話ができますので、一緒に居間にいる時と同じようにお話ができます。 通常のスマートフォンで拡大・縮小したい時に使うピンチイン・ピンチアウトのようなサポート機能です。

その他、WEB画面上の文字も読み上げでき、リピート読み上げもできるようになっています。 らくらくスマートフォンF-42Aバッテリー らくらくスマートフォンF-42Aのバッテリー容量は2,110mAh。

🖐 必要な情報がまとまっていなかった• F-42A本体右側面に付いたカメラボタンを押下すると、画面上に「おまかせズームをしたい場所をタッチしてください」と表示され、拡大したい場所をタップ(タッチ)する事で更に拡大表示されます。 ここに紹介した機能やポイントは、最初だけでも良いと思います。 機能を評価レビュー それでは続いてはドコモ らくらくスマートフォン F-42Aの機能について評価レビューをご紹介したいと思います。

8
7) mSBC 〇(16kHz) その他 CVSD HSP 〇(1. あてはまるものはない. 勿論今回が初めてのらくらくスマートフォンで全く知らない方にも おすすめの点や評価、そしてどういった方が購入すべきかなども解説していきたいます。 対象機種 (らくらくフリック入力のみ)• (細かな通知が煩わしいので、プッシュ機能をオフにして、このような設定にしている人もいます) <対応策> 【すでにLINEアプリを使っている人・アプリのダウンロードだけは済んでいる人】 ・ LINEのプッシュ通知機能が使いたい場合は、対応策は1章で紹介した機種への機種変更のみになります。

♥ 東海道五十三次のコースに添って記録、表示される歩数計の機能は仲間と楽しみながら継続できますので、ウォーキングで認知症リスク予防が可能です。 物理ボタンを押す事に慣れたらくらくスマートフォン世代は、画面をタップ(タッチ)で済むところ、わざわざ画面上を押し込んでしまう傾向があります。

2
使いたい機能を見つけやすくなっているのは勿論、 無料で専門アドバイザーに電話相談も可能な 「らくらくホンセンター」へワンタッチで電話が可能です。