🤫 この時はレモンオイルのアロマも一緒に混ぜて塗布します。

6
例えば、クレンジングをしなくて済むように、石鹸や洗顔料だけで落ちる日焼け止めクリームを使うとか、週末だけ面倒なスキンケアをやめてワセリンだけのシンプルケアにするなど、肌への負担を軽くして、 与えられる栄養や水分が少ない状態に慣らしていくことは、比較的誰にでも挑戦しやすい方法です。 ティートゥリーオイルの忍容性は高いと思われるとされ以下の研究を紹介している。

🤗 2~3ヶ月後はニキビも減るそうです。 また過剰な水分の供給が、肌本来が持つ潤い機能を低下させていることもあります。

まずはサンプルなどを使ってみて、肌に合うかなどを試してみるといいですよ。 大丈夫だったこと…石鹸洗顔、スキンケアをしない• ニキビの状態 ニキビはポツポツできていましたが、どれも小さく数日すれば治るということを繰り返しています。

📲 酒さのブツブツや赤みがひどいときは、ワセリンすら塗らないこともありますし、皮膚科で処方されているアズノール軟膏と抗生剤を飲むときもあります。 夏は私も日焼け止めを使用していますが 直接肌につかないようにワセリンを活用しています。 ワセリンを下地にすることで化粧品が直接肌につかない分 肌のダメージも少なくなる• このようにワセリンはスキンケア以外にも使える 優れものですが、つけすぎるのはダメで、 かえって肌を乾燥させると宇津木先生もおっしゃっています。

7
肌断食用の無添加のセット 肌断食用に使える無添加の化粧水とワセリンのセットもあります。

😔 乾燥していたらワセリンを塗る。 何度も言いますが、肌断食は、化粧品漬けになった肌を休ませて本来の肌力を取り戻すためのものです。

18
クレンジングで取り去ってしまった肌に必要な潤いは、しっかりと保湿しなくてはいけないし、紫外線から肌を守るための日焼け止めを塗ることは、アンチエイジングのために大切なこと。

🌭 そのたまった水の中に顔を入れる• その他には 酷い手荒れがある場合で、水仕事をするときなどはおすすめ。 HIV(HIVに感染した人の約85%が脂漏性皮膚炎を発症します)• 肌断食をスタートしてすぐは乾燥がかなり気になるので、ワセリンを使用しながら続けていくと挫折しにくいです。

2
ワセリンは石油からできています。

😗 宇津木さんの本には、 「肌断食をしばらく続けるとふっくらしてくる。

12
鼻や頬の毛穴についているざらざらした角栓は、お風呂で全身をあたためた後、指の腹を使ってやさしくこすると肌を傷めずにきれいに取り除くことができるとのことです。

🖕 これを繰り返すと、こするよりも優しく洗い落とせるとのこと。

5
頑張ります。 水だけの洗顔は「押し洗い」 石鹸洗顔は「押し洗い」と「うぶ毛洗い」 すすぎは10回でOK。

🌭 ムダなオイル成分は肌の天敵 肌に油分がたっぷりと残った状態では、油分が酸化した「過酸化脂質」が肌の刺激となったり、毛穴の黒ずみ・ニキビや吹き出物の悪化といったトラブルの原因ともなります。 翌朝は前日のワセリンが少し皮膚に残っているので、つける必要はないかもしれません。

15
ベビーオイル ベビーオイルは、その名の通り赤ちゃんの保湿剤のために作られました。 肌断食はその肌の生まれ変わりを正しくして肌自らきれいになる力を育てるもの。

👌 私自身が体質的な敏感肌に悩み、普段のスキンケアを見直すことで肌のトラブルを減らせると痛感しています。

5
髪につけるオイルを、天然100%の植物油にしたとき、顔に塗るのも ワセリンからオイルに変更しました。 肌断食でワセリンを使う理由は、ワセリンを使うと水分を弾いて肌にフタをしてくれますが、水分を通さず、空気も通しにくいので、肌の水分蒸発を防いで、外部から雑菌が侵入するのも防いてくれるから。