🤝 水草なしの水槽レイアウト 大量のネオンテトラを飼育するときは、水槽の水換えや掃除のしやすさを優先して、水草や流木などでレイアウトを作らない方法も効果的です。

ここでは、 立ち上げの際、必ず知っておきたい 5つのポイントを紹介します。 おすすめの相手は同じくらい温和で小型の、、、などになります。

👊 もちろん、餌のやりすぎは水質悪化を招くだけなので、与える量は注意しましょう。 しかし、あまりに適当に飼ったのでは、魅力を引き出せないどころかキープすることも困難になります。

6
ネオン病については下記リンクの記事をご覧ください。 さらに上部フィルターや蛍光灯で水槽上部が塞がれた水槽では想像以上に熱がこもるもので、水温の上昇に拍車をかけます。

😄 流木やソイル、ph調整剤を使うことで弱酸性を維持することができます。 流木 出典: 水草だけでのレイアウトも良いですが、 流木を入れると、良いアクセントになります。

6
餌を与える頻度は1日に2回、1〜2分程度で食べきれる量を与えてくださいね。

🖕 下がらないなら水槽用のクーラーや冷却ファンを使用して水温を下げましょう。

これくらいになると、ブラインシュリンプを孵化させて少量ずつ与えていきます。

🙂 弱酸性の軟水がベスト ネオンテトラは、「 弱酸性の軟水」を好みます。 水草や、このような流木などを設置する 事で、 水槽内に彩りを与える事が できますょ。

3
ここでは特に気をつけたい代表的な病気について解説します。

☏ また、のような泳ぎが得意な魚は餌を横取りしてしまうので混泳はやめておきましょう。 残念ながら、30匹があと5匹になってしまいました。

12
特に体の小さなネオンテトラは大型の熱帯魚よりも体力がないため、高水温による酸欠には弱い面がありますので注意が必要です。

🖐 ネオンテトラの飼い方 — 水温について基礎知識 まず、ネオンテトラは非常に適応能力が高いため、ある程度の水温でも適応します。

2
夏の高水温にも弱いですが、暑さ対策が必要なほどではありません。

☺ >死ぬときはえさをあげた後なんで、あげすぎでしょうか? 食べ残しているかどうか、給餌の時に観察し調整してください。 死んでしまう時の行動ですが、最期の力を振り絞ってその様な行動をしただけであり、そこから原因を究明する事はできません。 最近のLEDは水草育成の実績も豊富にあります。

1
水槽の設置場所を確保しておきましょう 水槽の置き場所についてをきちんと考えることが大切です。