☘ 憧れの人であるアイズの前で嘲笑されされたことに耐えきれなかったベルは酒場から逃げ出してしまい、自分の弱さを思い知らされ、憧れの人に追いつくために強くなりたいと心から願うようになる。 学区を卒業してギルドに就職してから担当する冒険者の死を何度も経験するが、同僚から勧められる冒険者との距離感についての助言に従わずに、冒険者に積極的に深入りしている。 元の眷属。

14
サンジョウノ・春姫(サンジョウノ・はるひめ) 声 - 本作品のヒロインの一人。

⚑ オラリオ以外の冒険者一人の助っ人が認められたが、戦争遊戯の内容が攻城戦となったことで団員一人のヘスティア・ファミリアの勝利は絶望的となる。

13
眼晶に前後不覚のディオニュソスがエニュオに殺害された様子が伝わり、神の強制送還の衝撃が届いた瞬間、クノッソス内部に全てを飲み込む緑肉が爆発的に発生する。 リューは魔法のを行い、ベルは聖火の英斬を発動し、ジャガーノートへ駆け引きを迫る。

🖖 エイナと相談の上、装備を調えたベルたちはダンジョン中層の13階層を目指すことになる。 その戦う姿は目撃したロキ・ファミリア幹部たちに衝撃を与え、自分たちが冒険者であることを再認識させ、深く印象に残るものとなる。

1
リヴェリア・リヨス・ 声 - (本編第1期)、 (外伝『ソード・オラトリア』 、本編第3期) ロキ・ファミリアの副団長。

⚐ 本作品に登場する神々は、や、等に登場する神の名を冠し、が炉の神である設定等は現実世界の神話を踏襲している。

9
ベルたちはベオル山地でアレスたちに追いつき、乱戦の混乱でヘスティアは崖下の川へ落ちてしまう。

🖖 アイズはレヴィスに追い詰められるが、間一髪でフィンとリヴェリアが間に合いレヴィスを追い返す。

11
春姫もランクアップ可能だったが、浮かれるリリに対する配慮とアイシャの助言から、ランクアップを保留する。

😭 そこで出会った人魚の異端児の血により全回復したベルは、マリィの案内で引き離されたリリたちの下へ急行する。 「ダイダロスの手記」は偽物であり、ヘルメスは本当の出入口の場所を教える代償として、ベルの名誉回復のためにリドたちへ犠牲を求める。 ヴェレッタは鍵の流失を防ぐために元イシュタルの眷属であるアマゾネスたちを襲撃し続け、呪道具による傷がの魔法でしか治療が不可能であるため、命を落とすアマゾネスもいた。

本編8巻では、祖父を失い一人になった寂しさの経験から、永遠を生きる自分に喪失の痛みを与えることを恐れていたベルに、神々との愛を怖がらないで欲しいと告げる。

🌭 18歳のヒューマンの少女。

6
豊饒の女主人 女主人の ミア・グランドが、オラリオの治安が悪かった時代に、誰でも笑って酒が飲めるようにと一代で起ち上げた人気の酒場。

🙂 リューは自爆覚悟で魔法を放ち、店の一部を含めて周囲を爆発させる。 ベルが持っていた神のナイフに目を付けたリリルカは、で外見を変えてベルに近づき、としてベルとパーティを組むようになる。

19
6にランクアップ。 カサンドラはパーティが破滅する予知夢を見たが、自身も討伐隊に同伴してベルたちを救う決意をする。

👏エインの片割れはエニュオから歪んだ愛を語られて満足して逝き、エニュオは最期にダンジョンはもう限界だと言い残し、自刃して天界に送還される。 事前に張り巡らされた罠によりパーティは数人規模の集団に分断され、アイズが孤立し、ティオネの集団は暗殺者による弱体化攻撃に遭い、ティオナの集団は毒妖蛆に襲われ、ガレスの集団は闇派閥による自爆攻撃を受け、ベートの集団はの呪詛に苦しめられる。

2
自他共に認める世話好きな性格であり、ぐいぐい引っ張られるよりも、少し頼り無く世話をしてあげられる男性が好み。 アキから鍵を託されたリヴェリアの妖精部隊はクノッソスを速効で蹂躙し、闇派閥から新たな鍵を手に入れ、ダンジョン12階層の扉を発見した後も進攻を深める。