☣ 実家である平島公方は、5年後の天正元年(1573年)に父・義冬が没した後、義栄の弟である義助が継承した。

7
上洛していた軍勢によって、三好三人らを京都から追放する事に成功します。

🌭 義昭のもうひとりの子「一色義喬(いっしき よしたか)」は、子孫が「会津松平家」に仕え、幕末の会津藩士「坂本義辰」という人物が「義昭の末裔」だと主張していたようです。 実収入の伴わない名門華族にはもともと反対の声が多く、受爵に失敗したのみか、からしていたためにもなれず、洛西の下山田村(現在)にて帰農 し、となった。 やがて、義昭は織田信長という実力者の後ろ盾を得て上洛をはかる。

1
そして半年後に、織田信長が足利義昭を奉じて上洛。

☮ 義栄の頃から250年ほど後、19世紀初頭のことであった。

19
「御書巻」で脅して言うことを聞かせようとしただけかもしれないが、もし要求を受け入れないなら殺したってかまわないという意気込み(?)はあったのかもしれない。 もしかすると、それもこれも全部含めて実力と言う見方もできるかもしれませんが、 担ぎ上げられて将軍になったのに、なんだかとっても気の毒ですよね。

😁 (上洛) これにより、「三好三人衆」らを追い出した義昭は、15代征夷大将軍に就任。 義維の血統が一般的に 「平島公方」と呼ばれる起源となった。 しかし、実際の暮らし向きに権威や血筋が反映されておらず、阿波主・蜂須賀氏からは客将として扱われたとはいえ、義維以来の3千貫 の所領没収の上、茶湯料としてわずか100石しか受けられなかった。

4
「義尋(ぎじん)」• 今度は、義栄もまた家臣の対立分裂と言う同じ轍を踏み、上洛出来ず涙を呑み、挙句に、その生涯を終えたのである。 そのうえ、三好の一族はよく名前を変える。

♻ 『平島公方史料集』p. 2020-12-05 11:55:47• 1565年(永禄8年)「 永禄の変」 13代将軍・ 足利義輝が、 松永久秀と三好三人衆( 三好長逸・三好政康・岩成友通)らに襲撃を受け、暗殺される事件が起こり、次期将軍争いとなりました。

9
単にテンションを上げたいときは、K-POPのITZYというグループがEDM系で激しくて、よく聴きますね。 堺公方 さかいくぼう 足利義維 よしつな の子。

😛 浪人の1年目に塾とか行かなくて、成績があまり伸びなかったとき、自分の心を代弁してくれていたというか。

3
このような不穏な空気に満ちた西岡を通らない限り、西方から東上する義栄にとって上洛は不可能だったのである。 その結果、翌永禄11(1568)年2月8日になって、義栄への将軍宣下が実現される。

🔥 ただし、江戸幕府に厚遇されていた喜連川系足利氏ですら苗字として「足利氏」でなく「喜連川氏」を称している。

1
そして、この年、遂に義継と三好三人衆は、義輝を襲撃し自刃に追い込む。

🤪 兄と同等の力を持っていた父・義維。 ただ一人だけ、義輝の側室の子である「尾池義辰」という人物が、「義輝の子」であるという噂があります。 同じ頃、ライバルの義秋は「 上洛 じょうらく だ!上洛しないで将軍宣下なんて意味ない!」と、ムキになって武田、上杉、織田、斎藤、朝倉のような大名に上洛を要請しては、色よい返事を受けられないという足踏み状態でした。

室町幕府は初代尊氏より本拠地を京都に置いていたが、幕府を支える勢力は父義維以来分裂しており、義栄はに一度も足を踏み入れることはなかった。 自分の演技に関して、ちょくちょく落ち込んだりはしますけど、戦隊のとき、これでもかというくらい落ち込んだので 笑。