👊 (1)入院に関しては、現行の感染症法(及び政令)で、入院するよう勧告し、従わなければ入院させることができるとされていますが、入院しない場合の罰則はありません(感染症法7条、19条、20条)。 「感染症法」とは? 同じく法改正が進められている「感染症法」は、 「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」の略称です。 。

3
その通りです。 新型コロナウイルスの感染が急拡大し、医療環境が逼迫する等の厳しい社会状況の中、収束のための有効な施策が必要であることは論を俟たない。

😝 さらに、感染の拡大防止や収束という目的に対して十分な有効性が認められるかさえ疑問である。

19
(1)入院は、一時的にではあれ、自分の住居に住めなくなり、病院にいなければならなくなります。 H26. 罰則導入自体をやめるべきであり、懲役刑の削除とか罰金刑の引下げ等による「妥協」は行うべきではない。

👆 科料は罰金刑より金額が低く、1000円以上1万円未満となります。

9
感染拡大を防ぐためにも正確な調査は必要です。

✆ 事業者に対する過料は行政罰で、30万円以下の罰金、緊急事態宣言が出されているときには50万円以下の罰金、入院を拒否した人への罰則は1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金という刑事罰である。 医療機関には手厚い協力金があり、罰則はない 第1に、事業者や一般の国民を対象に罰則を導入するとしながら、医療サイドへの要求は緩いという不均衡がある。

前項で詳述の通り、感染者は入院などの隔離状態になり、感染させてしまった可能性のある人を申告する義務が生じます。

☣ 感染症法の前文には「ハンセン病、後天性免疫不全症候群等の感染症の患者等に対するいわれのない差別や偏見」への反省が述べられているだけに、教訓が生きていないことに驚きを禁じえない。 しかし、ある程度、感染が拡大してしまうと、現在起こっているような入院したくても入院できない状態が起こるでしょうし、隔離も現実的にどこまでできるのかわかりません。

18
そのため、恣意的な運用のおそれがあり、罰則等の適用に際し、営業時間の変更等の措置の命令に応じられない事業者の具体的事情が適切に考慮される保証はない。

👇 R03. 医療崩壊が起きるのは、新型コロナの治療の需要に医療の提供という供給が追いつかないということだ。

16
なお、海外からの入国者に対しては検疫法がありますが、待機要請拒否に対しては同様に罰則がありません。 新型コロナウイルスは、1年の期限付きで指定感染症に指定され、エボラ出血熱、ペスト、ラッサ熱などより厳しい措置が可能になっていました。

✍ かかる要請・命令を出す場合には、憲法の求める「正当な補償」となる対象事業者への必要かつ十分な補償がなされなければならず、その内容も改正案成立と同時に明らかにされなければならない。 まず、現行法の枠組みをおさらいします。

15
次に、特措法の改正案は、「まん延防止等重点措置」として都道府県知事が事業者に対して営業時間の変更等の措置を要請・命令することができ、命令に応じない場合は過料を科し、要請・命令したことを公表できるとしている。

😝 そのため、改正案の罰則の対象者の範囲は不明確かつ流動的であり、不公正・不公平な刑罰の適用のおそれも大きい。

4
新型コロナを法律上、 「新型インフルエンザウイルス等感染症」に位置付けることで、病原性・感染性の高い、かなり恐怖を抱かせる疾患であるという概念が、一般市民、医療従事者に誤解をつのらせる懸念がある。