😅 少なく納めてしまった場合 当初に送付した白紙の納入書または船橋市のホームページからダウンロードした納入書にて差額を納入して下さい。 2 平成28年分からマイナンバー(個人番号)を記載する必要があります。

3
以下の6点が記載された医療保険者からの医療費通知を添付する場合は、医療費の明細書の記入を省略できます。 「普通徴収」でも「特別徴収」であっても、納税義務者の前年の所得を基にして、納めるべき住民税の徴収税額を地方自治体が計算します。

📲 <目次>• 2 特別徴収義務者及び納税義務者への通知書• ふるさと納税をしたら「特別徴収税額通知書」のどこを見ればいいの? 企業などで働いている方であれば、「特別徴収税額の通知書」を勤務先から受け取られているのではないでしょうか。 「その他の所得計」には不動産所得や利子所得など「主たる給与以外の合算所得区分」に該当する所得の合計額が記入され、「総所得金額」には全ての所得の合計が記載されます。 「市民税・県民税特別徴収税額の決定・変更通知書(納税義務者用)」は、各納税者(該当する従業員の皆様)へお渡しください。

8
3 基礎控除の見直し 基礎控除額が10万円引き上げられます。

☺ 個人住民税の特別徴収の流れ 個人住民税の特別徴収は次の3つのステップに分けられます。 [他のサイトへ移動します ]• この場合、「異動届出書」の「徴収済税額」欄にその旨を明記して、届出書を送付してください。

20
特別徴収税額等の必要事項を記載して、金融機関等に提出してください。 7 納税者が給与の支払いを受けなくなった場合 退職、休職、転勤等の事由により給与の支払いを受けなくなった納税者が生じた場合は、その都度すみやかに「異動届出書」により届け出てください。

🐝 A1 給与の支払を受けている方に対する市民税・県民税については、特別徴収の方法によって徴収することとされています。 「市民税・県民税特別徴収税額の決定・変更通知書」の確認:「納税義務者用」が従業員に渡されます。 特別徴収への切替申請について 新しく従業員が入社するなど、年度の途中で従業員の方から、普通徴収から特別徴収への切替を希望する申し出があった場合は、「特別徴収切替届出(依頼)書」を提出してください。

(別ウィンドウで開きます) よくある質問 Q.特別徴収していた従業員が退職したときは、どんな届出が必要ですか? A.「給与所得者異動届出書」の提出が必要です。 個人の場合、毎年1月1日時点で住所のある市区町村に両方まとめて支払います。

☕ ・マイナンバーカードをお持ちの場合は、マイナンバーカードのコピー(表面、裏面) ・マイナンバーカードがない場合は、通知カードのコピーと身元確認書類(運転免許証、保険証等)のコピー(顔写真表示が無い場合は2種類必要です。 〔退職所得がある方へ〕 所得税の算定時は本人及び配偶者の退職金も合計所得金額に含めて判定しますが、市・県民税の算定時においては退職金を除いて判定します。 税額の通知は、年度当初からの課税の場合、特別徴収の方には5月下旬に会社を通じて、普通徴収の方には6月中旬に個人宛てにお送りいたします。

20
(別ウィンドウで開きます) 特別徴収税額の納入について 従業員から徴収した月割額は、徴収した月の翌月10日まで(休日及び金融機関の休業日にあたる場合は、その翌日)に、金融機関等で納入してください。 会社から給与の支払いを受けている人は、会社が給与から所得税を徴収し、本人に代わりに納付するという源泉徴収という制度があり、この源泉徴収の制度と合わせて、会社が毎月の給与から住民税を差し引いて従業員らの代わりに納付するという特別徴収の方法が採られているのです。

👇 ここではこのうち個人住民税の特別徴収について解説します。 ただし、以下A~Eに該当する場合は、特別徴収の方法によって徴収することが困難であると認められるため、給与支払報告書とともに切替理由書を提出することによりとすることができます。

2 寡婦控除の見直し ひとり親控除の対象者以外の寡婦については、引き続き寡婦控除として26万円が控除されます。 個別の税務に関するご質問につきましては、お住まいの所轄税務署または税理士等の専門家にご相談ください。

🚒 特別徴収税額の納入は12回の毎月払を基本としていますが、条件を満たす事業所は、申請により年2回での納入となる「納期の特例」制度があります。 (1)6月1日から12月31日までの間の退職者に係る未徴収税額がある場合は、当該退職者の了解を得て退職月の給与又は退職金等から未徴収税額の全額を引き、翌月10日までに在職者の月割額と同時に納入してください。

なお、退職者(納税義務者)の個人番号は不要です。