♨ 古代では女性だけがもみあげにお花を飾っており京劇でももみあげのメイクが女性を象徴しているそうで「女性ではなく男性である」という京劇の名役者「商細 蕊」の言葉であるという説、親密な関係を表しているとか花の別名は「断腸花」であるので云々という深読みなどはっきりとしたことがわかりません。 その気持ちよくわかります。 そんなある日、乾隆帝と乗馬をすることになった瓔珞はこの件をわざと後宮中に吹聴させ…。

14
裏技として姓に「佳」をつけて満州族の姓のようにします。

😩 面白いです? 瓔珞はそれは傅恒だろうと言い当てる。 そこで、虫を使った治療を試みるも何者かに毒虫にすりかえられ、傷を悪化させる。 実際は既に中国で続編が制作されているとか。

2
これまで復讐のために動いていた袁春望は、その事実を知り気が狂ってしまいます。 皇后の位を剥奪されるも豪華な食事が用意され、罪人らしからぬ待遇を受けていた輝発那拉氏は、瓔珞を呼び出す。

👋 皇后は父の死は皇太后の仕業だと訴えて皇帝を激しく非難したかと思えば、承乾宮から姿を消し、捜しに来た和親王の前で奇態を演じてみせる。

16
しかしそこへ、傅恒の母がやってくる。 中国の女性ファンを虜にし、早くも人気俳優の仲間入りを果たしたシュー・カイさんから目が離せませんね! エイラクの舞台である清朝の皇帝・愛親覚羅弘歴 乾隆帝 を演じるのはニエ・ユエンさんです。

👌 ただすべての皇貴妃が皇后になるわけではありません。 そして 和親王 わしんのう 弘昼 こうちゅうも連行された。 乾隆帝は魏佳氏に「孝儀皇后」の諡を贈りました。

「私のために時を費やし過ぎたゆえ、見返りが欲しくて深みにはまったと認めては?」と聞くと「朕は皇帝であり、愛など知らぬ。

🙏 裕太妃は「私が阿満を殺した。

8
世界にはまだまだ知らないことがあるんだなと楽しくなるけど、調べるの時間かかりすぎて苦痛w 普通に中国語で検索しても、現地の人がわからなくて「〇〇ってなに〜?」って解説記事が出てくるくらいだもん。

☕ それを咎めると「この天下で陛下以外に上品である必要が?」と言い返す。 感染を防ぐために妃たちの面会は禁じられ、養心殿で陛下に使える者たちも皆ほかの場所にうつされました。

15
乾隆帝は人形を瓔珞に向かって投げ、「証拠は出ている。