☺ 取り付けてから2年以上たちましたが、グリス漏れなどのトラブルはありません。

ドライブシャフトブーツとは? ドライブシャフトブーツとは、アウタージョイント、インナージョイントとドライブシャフトとの連結部のグリスの飛び散りや汚れの進入を防ぐゴム性のブーツの事です。

😘 基本的に、いつか破けるのは避けられませんが、 ドライブシャフトブーツの寿命を延ばすことならできます。 車検証の記載箇所については、 よりご参照ください。

1
お客様都合の場合はお客様にご負担いただきます。

😊 ロッキングクリップを折り曲げて、バンドの余った部分叩いてカシメます。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒのをぜひご検討ください。 このような痕跡があればブーツが破損している証拠なので、早めに交換するようにしましょう。

🤛 ただ、ドライブシャフトはタイヤやエンジン近くにあるパーツなので、シャフトから音がするのか、石ころなどを踏んだ音か、タイヤやエンジンの異常か、素人ではわかりにくいことが多いのです。 ドライブシャフトブーツも、それほどクルマによってサイズが異なるものではありませんので、PITWORKから国産各メーカーのモデルに向けてラインナップされています。 以前で触れましたが、車高を下げるとブーツが破けてしまう問題がどうしても出てきます。

13
……っていうことになるんですね。 アウタージョイント、インナージョイントとドライブシャフトとの連結部には、一般的には 「等速ジョイント」という構造が使われています。

☘ このゴムの部分を、ドライブシャフトブーツというのです。

交換時期 ドライブシャフトブーツの交換時期は、5年5万キロと言われたり、10年10万キロと言われたりしますが、要するに、「傷んだら交換」ということになります。

💔 アウタージョイント同様、使用状況にもよりますが、寿命は 15万km~20万km位です。 カタカタ程度だと破損はそれほどひどくないことも多く、早めにシャフト交換すれば車は問題なく走れます。 エンジンはガソリンによって回転し動力を発生させますが、その回転力をタイヤに伝える働きをするのです。

13
ただ、他の車の部品と同じように、使っていけば劣化してしまい、場合によっては破損することもあります。