✇ 一瞬の登場だけで全てのの心を鷲掴みにした。 水の呼吸から派生していて、花の呼吸からさらに蟲の呼吸が派生しています。

14
そんなひどい環境で育ったので「もうどうでもいいの。

🤗 「自分で決める」ということを捨てていました。 カナエとしのぶからは認められなかったが、カナヲは 見様見真似で""を使えるようになっており、更に最終選別に 無断で参加し突破してしまう。

10
「編」で再登場した時には事後処理部隊『 』の指揮を任されており、後にの庭での""である事が明かされた。 カナヲは最初は受け流していたが、折れることがない炭治郎に「指示されてないことはこれを投げて決める。

❤ ミニキャラなのでかなりデザインを省略します。 全部どうでもいいから自分で決められないの しのぶやカナヲのいる蝶屋敷の世話になっている時に炭治郎と会話したと起のセリフです。 この2人はたぶん恋人関係になりそうですよね。

3
そしてベルトの位置を高めにするのがポイントです。 炭次郎たちと同じ日に受けた最終戦別では、彼女だけ傷や汚れが何一つなく、涼しい顔で選別を突破しています。

☭ しかし、内面はまだまだ未発達でした。

このため技の使用時間に比例して、のリスクが高まっていく。 機能回復訓練の段階では、同期の炭治郎や善逸、伊之助よりも、剣士としての実力は上だったといえます。

👎話しかけても黙っているカナヲに怒ってしまう人がけっこういたので、そういうことにならないようにニコニコするようになったのかな。 この時のカナヲはあわあわして、さんにペコペコと頭を下げていました。

11
前花柱の胡蝶カナエと、蟲柱・胡蝶しのぶの義妹である。 ,直接の血は繋がっていませんが、カナエさんが亡くなって尚更しのぶさんはカナヲを大切に思っていたでしょうね,最後も「炭カナ」で締めです。

🤛 感情があふれ出して号泣するカナヲ 引用元:鬼滅の刃19巻 第163話 胡蝶しのぶと胡蝶カナエの形見を胸に号泣するカナヲ。 カナヲが自分の心の支えになると気づいた炭治郎がカナヲを好きになりそう。

19
それを証明するかのように、無惨を倒した後に鬼化してしまった炭治郎のために自分が失明するリスクのある技を使い、炭治郎を救うのです。 そこでカナエはカナヲに銅貨を渡し、銅貨を投げて物事を判断しなさいと言いつけられます。

👏 伊之助に助けられたカナヲ 童磨は氷の血鬼術を使うが、カナエはその冷気を全く吸わなかった。 基本的には薄っすらと微笑んだ表情をしていることが多いですが、実際は感情がほとんどありません。

何もかもどうでもいいから、自分で決めることができない。 口を開いた途端、涙があふれてしまったでしょう。

😭 胡蝶しのぶの継子を務めていますが、しのぶと一緒の蟲の呼吸を使うのではなく、しのぶの姉のカナエが使っていた 花の呼吸を継いでいます。 戦いのあとの治療と修行を兼ねたものでした。 そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

7
自分の意見を持っておらず、指示されたこと以外はコイントスで自身の行動を決める。 すると炭治郎は「なんで自分で決めないの?カナヲはどうしたかった?」と問う。

✊ 技の型もカナエと同じ「花の呼吸」を使います。 結果、表を出した炭次郎は喜び、カナヲに近づき、励まします。

14
スカートの隊服にブーツを着用している。