✌ ゆえに、『かなしかるべし』と推量形で歌っているのである」(石田吉貞『隠者の文学』)。

12
責任を持って対処させていただきます。 露の多い土地とされたのは、「みさぶらひみかさと申せ宮木野の木 こ の下露は雨にまされり」に由来する。

🤐 しかしマンウェはアイヌアの力を集めてメルコールを退けた。

【他出】西行家集、定家八代抄、詠歌一体、三五記、愚見抄、耕雲口伝、西行物語 【主な派生歌】 夏の日を誰がすむ里にいとふらむ涼しくくもる夕立の空 よられつる草もすずしき色に見えてうれしがほなるむら雨の庭 よられつる千種百草葉をのべて名残すずしき野辺の夕立 水無月のてる日にいたくよられつる草葉も今や野べの夕風 松永貞徳 秋 題しらず あはれいかに草葉の露のこぼるらむ秋風立ちぬ宮城野の原 (新古300) 【通釈】ああ、どれほど草葉の露がこぼれているだろうか。

🤟 怒りの戦い [ ] に率いられたの叛乱に、マンウェはひどく心を痛め、落涙した。 生涯を通じて歌壇とは距離を置き、当時盛行した歌合に参席した記録は皆無である。 【補記】本文は『山家心中集』(『西行全集』所載、伝冷泉為相筆本)より採った。

12
新古今集は「題しらず」、第四句「数にもあらぬ」。 西行晩年の丈高い自然詠。

🖖 インスタントコーヒー• 【補記】「雲かかる遠山畑」とは、山の民か遁世者が細々と耕している畑であろう。

8
七十歳になる文治三年 1187 、自歌合『御裳濯河歌合』を完成、判詞を年来の友に依頼し、伊勢内宮に奉納する。 分量:板チョコ2~3片程度• 庵の片隅あたりに寄りかかって臥せったまま。

⚓ 【補記】火炎地獄において父と離れ離れになり、その行方を追うこともできずに咽び苦しむさま。

最初に入ったのは、LAのトミノアイランド刑務所でした。 古来賞美されたそのような春の景色に対比して、冬の寂しい葦原を眺めての感慨である。

✌ 「恋の歌の優に哀れで、しかも真実なのは、やはり彼の恋の事件が真実であったことをいやおうなくわれわれに感じさせる」(風巻景次郎『西行』)。 家集には自撰と見られる『山家集』、同集からさらに精撰した『山家心中集』、最晩年の成立と見られる小家集『聞書集 ききがきしゅう 』及び『残集 ざんしゅう 』がある。

9
千載集の詞書は「同行上人西住、秋ごろわづらふことありて、限にみえければよめる」。

✋ 漢語「和光」の翻訳。 恋 寛平御時きさいの宮の歌合のうた (二首) 恋ひわびてうちぬる中に行きかよふ夢のただぢはうつつならなむ (古今558) 【通釈】恋に悩んで悶々と過ごすうち、ふっと落ちた眠りの中で、あの人に逢えた。

9
袖に置いた《私の涙》に対し、野原いちめんの露をおしなべて「おほかたの露」と言った。

☎ 白雨が降り出す直前の景を大きく捉えている。 【補記】「なにごとも変はりのみゆく世の中」とは、つまりは無常の世ということであるが、保元の乱から源平合戦へ、兵乱のうちつづく激動の世に対する思いも籠められているか。 【補記】多忙な歳末という時節にあって、出家以前と以後の変わり様に感慨をおぼえている。

【主な派生歌】 木のもとにやどりはすべし桜花ちらまくをしみ旅ならなくに よそに見てをらでは過ぎじ女郎花名をむつましみ露にぬるとも 〃 是貞のみこの家の歌合によめる なに人かきてぬぎかけし藤袴くる秋ごとに野べをにほはす (古今239) 【通釈】どんな人がやって 来て、 着ていたのを脱いで掛けたのか。

🤩 おそらく遁世後数年のうちの作か。 蓑の代りにする雨着。

【補記2】『御裳濯河歌合』では「心なき身にも哀はしられけり鴫たつ沢の秋の夕ぐれ」と合わされ、俊成は「露にはなにのといへる、詞あさきににて心ことにふかし」と評して勝を付けた。