⌛ しかし、ファイザー・ BioNTechの新しい遺伝子編集ワクチン について最も憂慮すべき事実は、 ヒトワクチン申請用の遺伝子編集 mRNAがこれまでに一度も承認された ことがないということだ。

17
すでに動物モデルを用いた試作ワクチンの評価で、新型コロナウイルスに対して抗体価が上昇していることが確認された。

✌日本政府は今回、 ファイザー社から 1億2千万回分 アストラゼネカ社から同じく 1億2千万回分 モデルナ社から 4千万回分 供給してもらう契約をしています。 この項目は、に関連した です。 新型コロナウイルスはRNAウイルスです。

つまりこの会社には、人間の健康を 守るという概念など微塵もない という事なのです。 ウィルスの設計図を打ち込むというのは、簡単にいうと 遺伝子操作したたんぱく質を打ち込むということ。

⚡ 舩井幸雄が自らの多様な人脈の中から選りすぐった豪華執筆者からの情報をはじめとして、まだ広く知られていない諸分野の情報、先がけた情報を、偏った一方的な見解ではなく様々な視点を用いて、毎月お届けしています。 注射した遺伝情報が体内で新型コロナと同じたんぱく質を合成する。 私も医学生のころにB型肝炎ワクチンを受けています。

7
感染予防効果があれば、ワクチンを打ちたくない人やワクチンを打ちたくても打てない人がいても、周りの人たちがワクチンを接種することで、そうした人たちを新型コロナから守ることができます。

💓 また、炎症による副反応も、ある一定レベルまで避けようがないのです。 」と、提出できる研究者は、一人もいないからだ。

その間にファイザーのmRNAワクチンが最初に認可されることになりました。

😘 「ここで、そもそもワクチンとはどのような仕組みで働くのか、確認しておこう。

16
そもそも、地球上にコロナウイルスは2万種以上も存在する、という。

🤘 その彼が、1994年、インタビューに涙ながらに答えている。

14
現場の医者の反応を見ていると、今回市場に出ているコロナワクチンのリスクもリアルに伝わってきますね。 抗体作成:人体内。

🚀 新型コロナワクチンのうち、すでに日本で使用されはじめたファイザー製のワクチンは遺伝子組換えワクチンではありません。 日本でも本日、国会でこのワクチンを6000万回分供給することで合意されました。

14
最短で2021年3月から臨床試験. 少し、このワクチンについて解説したいと思います。 新しい技術を使ったワクチンですから、不安になるのはよくわかります。

💔 ワクチンメーカーは すべて法的免責を受けており、新しい ワクチンによって人々が死亡しても、 あるいは不具となっても訴えられる ことはない。 まだまだ日本全国で感染者が増え続けている新型コロナウイルス。

4
2020年8月8日• ~ (引用注:遺伝子組み換え技術は、 どんどん進行していますが、安全性が 確かめられてきた事はなく、むしろ 有害な副作用をもたらす結果だけが あり、ヒトワクチン申請用の 遺伝子編集mRNAが1度も承認 された事がないのにも関わらず 日本政府が大量購入を決定している 点を充分留意しておいた方が良い と思います。

🙂 体の中に刺(スパイク)を作るのは同じ。 この事を発見した情報がこちらです。 それでは、ワクチン利権で儲からない。

政府は高齢者や医療関係者に優先的に接種すると言っていますが、我々や高齢者をモルモットにするなと言いたい。 それが、免疫反応だ。