🤘 また見た目が赤いクワガタのようなだけで、 実際はクワガタではないのかい!と思った人もたくさんいました。 関東地方にはいないようなので見たことがないのも当然ですね。

20
【有毒「赤いクワガタ」要注意】 昆虫「ヒラズゲンセイ」が京都や滋賀で生息域を広げている。

🙌 クマムシは水がなくても120年は生き、150度の高温やマイナス200度の低温、真空、高圧、乾燥などの、極限の環境状態にも対応できるといわれています。

13
強い虫ランキング クヌギの樹液ではスズメバチとカブトムシのバトルが日夜繰り返されます。

😀 孵化から成虫になるまで2年ほどかかるようですが、詳しい生態はまだよく分かっていないようです。

私の家は材木店だったから、材木集積場の隅っこにある、廃材や木屑を捨ててできた小山の下を掘ると、カブトムシやもう少し小さな、恐らくクワガタの幼虫を何匹も捕まえることができた。

😊 オオカマキリの武器は長くて強力な前脚=鎌です。 さて、この2個体が追い出しではなく、本気の殺し合いをするとなると、この戦いで有利となる生き物が少し見えてくるかもしれません。

表面、白色で根本に白色菌糸毛がある。 【環境】 広葉樹、主にブナの枯れ木上に重なり合うように群生。

💕 地球上のあらゆる環境に生息しています。 特に皮膚など薄く敏感な箇所に赤いクワガタムシの ヒラズゲンセイの体液の毒が付着すると、水膨れなどが発生します。

人命に係る被害はほとんどありませんが、首などの急所を咬まれた場合には、稀に死亡することもあります。 最後に 赤いカブトムシってなんだろうと思って調べてみたら、こんな虫がいたなんて! 昆虫に興味がある子供とかは触ってしまう可能性がありますよね。

😈 致死性の猛毒は言うまでもなく、巻きつけるほどの長さを持ってすればギラファの動きも抑えることができそうです。

16
生息域が広がっているのは温暖化の影響と考えられています。

😊 ヒラズゲンセイの生息地 もともとヒラズゲンセイは、四国など温暖な地域で見られていたようです。

9
管孔の長さは1㎜未満。 近い将来この辺りでもシャンシャンシャンシャンという賑やかな蝉の鳴き声が響き渡るようになるのかもしれません。

✍ さらに、このヒラズゲンセイはもともと高知や徳島、和歌山などの近畿南部に生息していたというが、年々生息域を北に拡大中。

乾燥させて煎じて飲用する。 いったいどんなクワガタなんだろう?と気になったので映像を見てみました。