❤ wc-shortcodes-posts-gutter-space-2. 何時間も画面に向き合う必要がある以上、編集に使用するソフトウェアはしっかりと自分に合ったものを選びたいですよね。

19
。 ・Windows 10 日本語版(v1709 以降)または macOS 日本語版 10. 操作方法や操作画面もシンプルに作られており、初心者でも使いやすくなっています。

😝 次に「インポート」をクリックして、動画に使いたい素材を登録する。

一応、基本的なカット編集トリミング、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、書き出しなどできます。

🤘 十分、制作に使えるレベルに仕上がっています。 専門用語もほぼなく、各種機能も必要最低限に絞られているのでとても分かりやすいのが特徴です。 iMovieはかつては1,500円ほどでしたが、現在は無料で公開されています。

16
今はまだ動画編集に不慣れだけど、ゆくゆくは得意にしたいと思っている方にもおすすめですよ。

⌚ VideoPad VideoPadのオススメの機能の1つに、「音声エフェクト」があります。 また、広告が多いのでネットでFilmoraを検索しても、 広告サイトが大量にヒットしやすいので注意が必要です。 高機能低価格でコストパフォーマンスが高い• また、利用者が少なければ制作会社側の供給ニーズもなくなるため、 バージョンアップなどの対応が停止される可能性もあります。

2
Filmoraは、Adobeレベルのようなソフトと比べて、機能面ではかなり不足です。

🙂 操作に慣れさえすれば手早く規定の編集を済ませられるため、定期的に動画を作って投稿したい人におすすめです。

19
Blender オープンソースの動画編集ソフトBlenderの紹介です。

🤞 対応動画 対応写真 対応音声 その他 FilmoraPro FilmoraProは、映像プロフェッショナルのために開発された新しいFilmoraブランドの高機能動画編集ソフトです。 値段に惑わされず、搭載機能を確認して最適なソフトを選びましょう。 iMovieは、さすがもともとは有料ソフトだっただけのことはある編集機能が充実っぷりです。

本記事では、基本的な動画編集の方法と、おすすめの編集ソフトを紹介していきます。