❤️ 歌手: 作詞: 作曲: あなた宛ての郵便がまだ ぽつりぽつりと届きます ドアを開けて点けた明かりが 今日もこの胸を暗くする 別れ話は冗談だと言って ふざけた顔で驚かせて お願い 「ただいま」とつぶやいた 同じ景色にあなただけがいない 愛していると素直になれば 想いはすべて伝うでしょうか 頬をしずかに流れた星に 祈る願いは叶うでしょうか 去年一緒に旅行に行った 長い休みがまた来ます 「次は君の生まれた町が見たい」と 約束してたのに 散らかす人のいなくなった部屋は 悲しいくらい綺麗に片付いたまま 散らかった思い出は 仕舞い切れずに胸をあふれてくる ひとりで生きていけるそぶりが 上手くなるのが嫌になります 誰も知らない弱い私は いつか誰かに出会うでしょうか 忘れ物の腕時計がこの手の中で ああ もう戻らない時間を無情に刻む 愛していると素直になれば 想いはすべて伝うでしょうか 頬をしずかに流れた星に 祈る願いは叶うでしょうか あなたの声の「おかえり」がまだ 目を閉じれば聞こえてくる. ここに残していった足跡 時代に埋もれたとしても それは僕の中 光放ってるよ 今日も 明日も 君とずっと また新しい朝まで 駆け抜けよう このまま ほら 一緒に おかえり 変わらないのは おかえり 君への気持ち おかえり 変わらないのは おかえり 「ただいま」この時代を待っていたよ wow wow. 会えない時間は 君のことを 考えてたんだ いつだって そう どんなに遠くても 絶対 忘れることなんてないよ 今ここに 立って見える 青春達は いつの日か君と 一緒にいた 景色ばかり 眩しいほどに輝いていたんだ まだ見ぬ明日に 不安を覚えながら それでも何かを掴もうと 願って 生きて 時間 とき が経って ここにいる wow wow. 」その一言で 心が安らぐ場所 余計な言葉はいらない ただそばにいるだけでいい 遠く離れることがあっても またきっと帰ってくるよ だから心配しないで ここが私のSweet Home 夢を叶えるため この街を旅立って 寂しさを胸にしまいこみ なんとかやってきたよ 素直に気持ちを伝えられずに すれ違う時もあったけれど それでもずっと想ってくれていた 優しさと温もりとその愛を知っていたから 「おかえり。

1
或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 なのに何故だか歌詞が耳に入ってこない。

🙄 そのような状況から彼女が歌った「The Rose」のデモCDが、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーと、2006年に世に出された映画『ゲド戦記』の監督、宮崎吾朗氏の耳に入って来る事となり、デビューへのきっかけに至った。 — fumi Ike30712958 手嶌葵さんのただいま、寝るまえにやっと聴けました。

4
TBS日曜劇場主題歌MV公開 手嶌葵のニューシングル『ただいま』が、2月24日(水)にCDリリースされるのに合わせて、綾瀬はるか主演のTBS日曜劇場『天国と地獄 ~サイコな2人~』 主題歌として放送中の表題曲「ただいま」のミュージックビデオが、YouTube手嶌葵公式チャンネルで公開された。

✔ ぜひとも会場に足を運んで、彼女の生の歌声を堪能していただきたい。

15
自由をもってしても一人は悲しくと言いつつ強くならなければいけない過酷さであったり、周りの人に愛されず雨のような冷ややかさしか感じ取ることのできない悲しさ、そして思い出にすがっても何もない空しさ、というようなものだとテルーは考えているのではないやろうか。

☝ 「刑事と殺人鬼」という相反する2人の魂が入れ替わることを皮切りに、「善と悪」「女と男」が複雑に交錯。 手嶌さんの久しぶりのテレビドラマ主題歌、『ただいま 』の歌詞の意味について調べてみました! ドン詰まりな女性刑事に、自らの手で殺人事件の容疑者を逮捕するチャンスが到来! しかし、そんな矢先に、なんと不運にもそのサイコパスな殺人鬼の男と魂が入れ替わってしまう・・・。

12
過ぎてゆく毎日に 大事なもの 忘れそうで 街のなか ふと一人 立ち止まる 「愛してる?」そんなこと いまさらね 聞けないけど 不器用な 笑顔が 愛おしい 抱えきれなくて 壊れそうな心まで あたりまえに 分け合えてた いつの間に 目をとじれば 聞こえてくる あなたの声が呼んでる 懐かしい優しさに包まれたら 見つめ合うよりもおんなじ明日を見ているから ふたりで歩く道にもう 迷わないよ 好きな色 好きな空 泣いていた映画のシーン 何ひとつ覚えてて くれないけど 過ぎた悲しみも そっと埋めてくれてたね 今わかった あなたがいた すぐそばに 恋が愛に変わってゆく 想いをかさねるたびに 穏やかな時に寄り添える場所で 見つめ合うより横顔が こんなにもせつなくて ときめくよりも深い愛 気づいたから こぼれて行く時間はもう追いかけない 大切に大切に月日をたどって 目をとじれば 聞こえてくる あなたの声が呼んでる 探してた愛はここにあるんだと いくつ季節をかさねても 色褪せないぬくもり あなたの声のする場所へ 今帰るよ 「ただいま」と 伝えたくて. 包み込むような大きさを持ったこの歌に沿うような、それぞれの想像力に見方が委ねられるミュージックビデオになっていると思います。 5年ぶりで2度目だそうです! 実は、「いつ恋」にも高橋一生さんが出演していたので、なんだか縁を感じますね。

💕と言って笑ったとき 懐かしい春風 かぜ が吹き抜けてった あの日の僕に今 伝えたいよ 毎日は未来への一歩だと おかえり! 人生が逆転した2人の愛と運命が交差した様子を描くような、歌詞になっているようです。 居ない人を思いながら一人きりで映ることの難しさもありましたが、この曲を彩る一部になれて嬉しいです。

3
そして6月より全国各地を巡る、デビュー15周年記念コンサートが開催されることも決定した。 情報が公開され次第、こちらはアップデート予定です。

⌛ JUJUさん『ただいま』の歌詞 タダイマ words by イワキユミ music by フクダタカシ Performed by ジュジュ. 手嶌葵の15年のアーティスト活動の集大成となるに間違いない今回のコンサート。

タイトル「ただいま」で、静かなバラードで歌詞がやばい 「愛していると素直になれば 想いは全て伝うでしょうか 頬を静かに流れた星に 祈る願いは叶うでしょうか」 ラスト化けそう… — せんとなつぞう nyatsuzou 手嶌葵さんの「ただいま」、切ないメロディーと、それにぴったりな歌声で大好き。 』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

😁 嵐さん『ただいま』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 君の笑顔がいつの時も この胸の中にいるから どんな想いでも すべてを預けて つないだ この手 放さないよ 描いていた未来越え 迎えにきた この場所 ほら 一緒に おかえり 歌い続けよう おかえり 君がいるから おかえり 歌い続けよう おかえり 君がいるから おかえり. ありがとうございました。 ひとりの部屋は夕方はまっくら いやだな誰もいないから いやだな 階段から手を振り駆け足してみたいね テレビの角力の音とか聞きながらね 片手に夕刊つかんでKISSしたいな あわてて転んであなたに笑われたい ニャンニャンニャニャニャンニャンニャン にぎやかにして ワンワンワワワンワンワン むかえに来てよ みんなただいま むかえにおいで みんなただいま 返事がないね いつ頃かしらただいまを忘れた 自分の声が夕暮に盗られた 花束でもケーキやお茶でもひとりぶんで ピアノを弾くのも邪魔するひともいない ほんとはわがまま気ままが大好きでも 時にはあの頃みたいにケンカしたい ニャンニャンニャニャニャンニャンニャン 迷い子の仔猫 ワンワンワワワンワンワン 迷い子の仔犬 みんなでおいで ふざけにおいで みんなただいま ずいぶん待った? ニャンニャンニャニャニャンニャンニャン 泥足のまま ワンワンワワワンワンワン 走っておいで おいしいものもたくさんあるよ みんなただいま むかえに来てよ. テルーやアレンの孤独でさびしい心境を物語った気持ちが伝わってくる。

18
いま草むらでカエルが跳ねたのん 揺れる雑草とおいかけっこ 瑞々しい景色 織りなす一雫 ここでは音楽も風に乗って届く 何気ない思い出は 明日に撒く種 ひとりぼっちのとき咲いて 光の花束をくれるもの 当たり前な「ただいま」を 柔らかい笑顔が出迎えた 感情は 四季みたいに巡って すごく綺麗だったんだ 戻ってこれるなら 変わっていけるから 限りなく澄んだ空 止まらない刻を刻もう 今日も やさしい 緑の横で歌う お天道様が かくれんぼしてるよ てるてるぼうずの出番なのん 雨あがりの空に 星座が浮いたよ いつでも会えると 言ってる気がした 今日はなにもなくて 普通によかったなぁ 良いも悪いもない日々が こんなにも大切だったなんて つまさきから春になって ゆるい風と冬を目指した 新しい 冒険をみつけた 鮮やかで楽しくて いつでもそこにある いつまでもいてくれる 同じ道 違う空 同じ鳥 違う命 心に灯る 陽だまりは変わらずに 季節の境目は誰が 決めるものなんだろう 花の色や水の温度 風の匂いが知らせてくれる のんびりとのんきに 「ただいま」と「おかえり」を 繰り返して おっきくなるのん また ここで また ここに 「かえっておいで」が聞こえた 愛しき日々 のんすとっぷ! ただ、今を生きる 未来のためにただ生きてく ありふれた 日常の中にかけがえない宝物 戻ってこれるなら 変わっていけるから 限りなく澄んだ空 止まらない刻を刻もう 今日も やさしい 緑の横で歌う. というところから物語が始まります。