✋ 「上出来には届かない拙い(まずい)仕上がり」「上手な人には及ばない拙い(つたない)できばえ」を表すのが「拙」です。 拙速に進める、拙速に事を運ぶ 「拙速に進める」「拙速に事を運ぶ」は「 出来が悪いのは承知の上で、速さに重きを置き仕事を進めること」です。 普通の仕事にしろネットビジネスにしても、 拙速は巧遅に勝るというのを意識していけば、 成功への近道となります。

8
(最近では巧遅よりも拙速を尊ぶようになった) まとめ 「拙速」は「出来は良くないが、仕事は早い」と言う意味で、「せっそく」と読みます。 「拙速」はつたないがその分速い、という意味の言葉です。

👆 【注釈】 「巧遅」とは、出来はよいが仕上がりまでが遅いという意味。 とにかく女子ラグビー選手にラグビーを諦めさせない。

6
日常生活の中で、 無意識に行っていることがいかに多いか? に氣づくと思います。 丁寧にする意味があまりない物には、拙速に行った方が良いと言われる事もあります。

🤚 この件は明るみに出ると問題だから、拙速に事を運んでもらいたい。 それは「自分でしっかり考えることなく、その場ですぐに判断してしまう」場合です。 『孫子』のなかの「作戦」には、戦とは戦術がよくなくてもすばやく終結させるもので、巧みな戦術を用いて長引かせるようなものではないと記されています。

8
【注釈】 急ぐからといって慣れない近道を通れば、道に迷うなどして、かえって遅くなるもの。

✍ どうしましょうか。

13
「拙者」は自分をつたないものだと謙遜する言い方です。

🚒 拙速ではございますが ビジネスでは完全であることよりもなるべく早い段階で相手に伝えることが大事な場面がありますよね。

9
法律の改正にあたり、拙速を避け、慎重な取り扱いを要請する。

☎ どちらの意味の「拙速」でも使いこなせるといいですね。 考えやまとまりが不十分だったとしても、まずはやってみる、と噛み砕けます。

20
「拙速」は主にビジネスシーンで使用され、「出来は悪いが仕事が素早い」ことを意味します。