💕 「アートオリンピア2019」の開催発表会見が行われました。 だが、お互いの詮索になるので、スルーしていました」 以上。

ショーンKさんはもはやフィクション、小説のように大衆の娯楽となり消費されようとしているのです。

⌚ 以降は順調なようで、毎年ドラマや映画のヒロインに抜てきされ、昨年は6社のCMに出演。 なぜ外国人たちは日本に訪れないのか。 ハーバード大学卒業と経歴に関してフジテレビ側が卒業証書を 見せてほしいといわれたとしており、モーリー氏はかなり不快感を示して いたとしています。

6
』、『報道ステーション』など、人気番組ばかり。

😆 ショーンK氏は「グローバルに活躍している」「ハーバードで学んだ」という 内容で情報を話していたという事ですから、テレビを見ている人からすれば 説得力があったのでしょう。

8
ただの無関係な人物の写真の無断使用だった。

😍 本日発売の「週刊文春」(文藝春秋/3月24日号)は、テレビ番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)のコメンテーターなど多数のメディア出演などでも知られる経営コンサルタント、ショーン・マクアードル川上(以下、 ショーンK)氏の学歴・職歴・業績詐称疑惑について報じている。

6
とはいえ、またテレビ番組に出演するだけでも違和感がありますから、現在がおかしいと思われても納得でしょう。

⌛ 現在のショーンKは何をしているのか。 本名は川上伸一郎という名前で、ショーン・マクアードル・川上という名前は自分で作ったそうです。

ショーンKとは? 名前:ショーンK(しょーんけ-) 本名:川上伸一郎(かわかみ しんいちろう) 生年月日:1968年3月21日 出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市 所属事務所:サンディ ショーンKさんの出自はアメリカとのハーフで、学歴はテンプル大学卒、ハーバード大学院修了で、これまでに経営コンサルタントとして活躍してきた人物として、よく世間に知られていました。

😀 経歴は嘘だったとしても、確実にコンサルをできる実力は持っていたとの声も多くあります。 3FM J-WAVE「MakeIT21」 きっかけは、1つの小さなウソだったかもしれません。 週刊文春の取材で発覚したショーンKの詐称問題 前述のキャリア詐称問題は全て週刊文春が取材して発覚しました。

18
に留学」としていた経歴は虚偽ではないかと報じた。 声とルックスは一流だけどぶっちゃけ傾聴に値する事は言ってないよ彼は笑。