📞 言葉で説明してもわかりにくいので図を見ながら考えて行きましょう~! @「地平線」 2本水平線を引いて、上の線に1点、下の線に等間隔に点を打ちます。

9
例として、壁に並んでいる扉の絵を使います。 パースを理解する上で必読の書となってくるでしょう。

🤪 そしてHLと平行な線を点HI上で引き、その線と先ほどの厚みを考慮した際の線の交点が奥側の壁の面となります。 水平線を上の方に書くと、上から見下ろした絵が描けます。 。

13
上の窓は今回付けないので、上の窓の1mと、床からの高さ80cmを引いたものが今回の窓の高さです。

🤜 ですので、自身でわかる範囲で構わないので、補助線と実線の区別がつくようにしておくと良いでしょう。 厚い紙はあきらめてパース定規を使いましょう。 狙った位置に必要な分だけパース線を引くことができる方法です。

16
ただ、インテリアの分野だと一点透視以外を使う機会はあまりないと思います。

💔 部屋を描くのとの同様に消失点を元に描きましょう。

一点透視図法とは 視点の前に架空のキャンバスがあるとして、一点透視図法ではキャンバスに平行なすべての平行線群は平行線として描かれ、キャンバスと垂直に交わる直線はすべて1つの消失点へと収束するように放射線状に描かれる。 あるいはトリミングしてもかまわないのです。

👍 階段の蹴上が22センチは高いでしょうか? 現状建築申請を出しているところなのですが、 図面を改めて見て、蹴上がりが高いと思っていまして、 見直すべきかどうかと悩んでいます。 ここでは2点透視図法を使います。 迫力を出すには良いですね。

15
考え方としては短い壁を二つ書くイメージで大丈夫です。

🐲 何度か練習していく内に加減がわかります。 視円錐についての理解ができれば、どこまでトリミングしていいのか? どこまで消失点をズラしていいのか?どこまで画面外に水平線をおいていいのか?という許容範囲も導き出せるかと思います。

12
背景の 主なパースを「立方体」に当てはめた際に、 消失点が何個できるかで、一点透視、二点透視、三点透視かが決まります。